ニコンの一眼レフカメラユーザーにオススメな接眼目当て

Nikon 接眼目当て DK-20 (D70s,D50用)一眼レフカメラを持ち歩いていたら気づかないうちに接眼目当て(ファインダー接眼部のゴム)が外れて無くなってた…、なんて経験をされた一眼レフユーザーの方いらっしゃいませんか?

アウトドアが趣味で山へカメラを携行することの多い私はそれが顕著で、これまで何度買い直してきたことか。接眼目当て自体は高価なものではないので経済的ダメージはほとんどありませんがあまりに回数が多いと自分の注意力の無さを痛感して凹んでしまいます。

そんな悩みを抱えるニコンの一眼レフカメラユーザーに朗報ですっ!先日発売が開始されたD70SやD50に標準採用された新タイプの新しい接眼目当て『DK-20』の個別販売が始まりました。D70はもちろんUやUs、U2といった銀塩一眼レフカメラでも利用可能な角型アイピースです。


D70に標準添付されていた接眼目当て『DK-16』は全体がゴム製でしたが『DK-20』はゴムの内側にプラスチックのフレームがセットされていて、ファインダー接眼部にスライドさせて装着するようになっています。この改良により通常の使用で脱落することはまずありません。遮光部も一回り大きくなって言うことなし。

屋外での使用を主とされる方には是非ともオススメしたいアイテムです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。