ThinkPad T42 買いました

以前、選定中をお伝えしていた仕事用ノートPCですが、メーカー入庫待ちのために少し時間がかかったもののようやく手元に届きました。

今回選んだのはIBM ThinkPad T42シリーズの”23736AI”モデル。CPUにPentium M 735(1.7GHz)、メモリ 1GB(512MBx2)、60GBのハードディスクを搭載。802.11 b/g対応の無線LANも付いているので、煩わしいケーブルからも解放されます。これで20万円以下で買えると言うのだからいい時代になったものです。

しかし、これら以上に決め手となったのは解像度1400×1050まで表示可能となっている14.1SXGA液晶画面。設計資料の作成やプログラミングの際には、広い作業領域が欠かせません。ノートPCでデスクトップ用17インチ液晶並みの解像度を表示可能なのは大きな武器だと思います。もちろん解像度を上げると画面上の個々のアイテムは小さくなりますが、老眼ではありませんので特に問題はありません。


今回も参考までにベンチマークを取ってみました。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium III 1697.79MHz[GenuineIntel family 6 model D step 6]
VideoCard ATI MOBILITY RADEON 7500
Resolution 1280×1024 (32Bit color)
Memory 1047,472 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2005/06/09 22:35

Intel(R) 82801DBM Ultra ATA Storage Controller – 24CA
プライマリ IDE チャネル
HTS541060G9AT00

Intel(R) 82801DBM Ultra ATA Storage Controller – 24CA
セカンダリ IDE チャネル
MATSHITA UJDA765 DVD/CDRW

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
30674 101346 79761 62815 32201 62957 25

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
26568 12348 8918 190 35007 24167 3048 C:\100MB

といったところ。一応、仕事用マシンであるため先にOfficeやVisual Studio、Oracle、DB2クライアントなどあらゆるアプリケーションをインストールしているので、クリーンな環境ではもう少し高いスコアが出るのかもしれませんがこれでもビジネス用途としては十分すぎるスコアと言えるのではないでしょうか。

仕事用だけでなく個人用としても1台欲しくなってきました。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。