P901iSの音楽再生機能

Panasonic BN-SDCGP3 SDメモリーカード用USBリーダーライター「音楽ケータイ」を謳い音楽再生機能をウリにしているPanasonic製のドコモ端末『FOMA P901iS』。しかし、P901iSの音楽機能は著作権の名の下に暴利を貪る利権団体の思惑と独自規格を創り出すことで新たな利益を得たいPanasonicの意向を汲んで生まれた「SD-Audio」なる規格に沿ったガチガチの制約があるため正直わたしもウンザリさせらているのですが、MP3ファイルをminiSDカードにコピーするだけ…と思い込んでうまく再生出来ずに悩んでいらっしゃる方が居るかもしれませんのでここで簡単に手順を整理しておくことにします。

まずはP901iSに付属するCD-ROMに収録されている『SD-JukeBox』をWindows端末にインストール。これ以外に手段は無いのでパソコンを持っていない人やMacintoshユーザの方は残念ながら同端末での音楽再生を諦めてください…。

次に著作権保護機能対応リーダ/ライタ『BN-SDCGP3』、もしくはPCとFOMA端末を繋ぐ『FOMA USB接続ケーブル』のどちらかを購入して準備します。SD-Audio規格ではPC上の音楽ファイルをそのままコピペ…なんてもってのほかで、必ず著作権保護機能に対応した機器と専用ソフトウェア『SD-JukeBox』を使ってデータをやり取りする必要があります。PC周辺機器売り場に並んでいる一般的なリーダ/ライタを使っても正しく転送されませんので必ず専用の機能を有したリーダ/ライタを用意する必要があります…といっても、現状では同規格に対応したリーダ/ライタは『BN-SDCGP3』しかないのですがいかんせん価格も高いのでオススメしません。FOMA USB接続ケーブルでPCとP901iを接続すればP901iS自体が著作権保護機能に対応したminiSDカードリーダ/ライタとして動作するのでこちらの方法を使って先に進めることにしましょう。


先にP901iS側の「メニュー」>「設定」>「その他」>「USBモード設定」を”miniSDモード”にあらかじめ切り替えてからFOMA USB接続ケーブルでPCと接続。ドライバが導入され端末が認識されたらようやく転送準備完了。多少の予備知識が無ければ悩む人も多いかもしれませんね。

あとはSD-Jukeboxから音楽を転送するだけ。手元の音楽CDは勿論、PC上に保存しているMP3,WMA形式の音楽ファイルも一旦SD-Jukeboxのリストに追加してやることで著作権保護機能に対応した形に変換して転送してくれます。SD-Jukebox上で音楽CDをリッピングする際はCDDBからアーティスト名、曲名といった情報を自動で取得して付与してくれるなどこの辺りの使い勝手はiTunes+iPodとさほど変わりませんが、転送時に余計な変換処理が入るため転送には結構時間がかかります。転送が完了したらあとは端末側で再生するだけです。

なお、リッピング形式の初期設定は96kbpsのAAC。変更したい場合はSD-Jukebox画面上部の「設定」から表示される画面の「CD録音」「インポート」タブ内で設定可能です。ただし、P901iSに付属されているSD-Jukeboxは簡易版(Light Edition)のため、選べるのはAACかWMAのみでMP3形式の指定が出来ないのでご注意を。

ケーブルを一本購入して一度環境を整えてしまえば後はそれほど面倒ではないし、ドコモからようやく登場した音楽再生対応携帯ということで今後も活用していくつもりではいますが、心になにかひっかかるものがあることは否定できません。…まぁ、ここで愚痴ってもしょうがないですけど。

端末側のプレーヤーとしての使い勝手や音質などの感想はまた次回に。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。