Virtual Server 2005上でDebianの時間がはげしく遅れる

Microsoft Virtual Server 2005 Standard Edition 日本語版現在、私が会社で管理しているラックマウントサーバ群の中に、Windows Server 2003 Enterpriseをインストールしているもののスペック的にだいぶ余裕のあるマシンがあったので、『Microsoft Virtual Server 2005』(以下、VS2005)をテスト導入して実用に耐えうるだけの性能を有しているかどうかの検証を行うことになりました。

VS2005は『Windows Server 2003』(ホストOS)上で別のOS(ゲストOS)を動かすためのいわばエミュレータソフト。ゲストOSをインストールするための仮想PCの構成(メモリ量、ハードディスク容量、ネットワークなど)を指定するだけで初期設定は完了するので、あとはその仮想PCに対してゲストOSのインストール作業を行うだけ。特別な操作は不要でゲストOSのインストールCDをセットしてVS2005をインストールしたホスト側のコンソール上から仮想マシンを起動してあげるだけ。ホスト側のコンソールを通したリモートの画面で操作するという点以外に、通常の単体動作しているマシンと何ら変わりはありません。(リモート画面なので画面の動きのもたつきは心配でしたが、思っていたよりは軽快に動作してくれています。)

そんなこんなで、検証環境の構築はあっさりと終わってしまいましたが、それだけではおもしろくないので個人的な興味もあってLinux(Debian sarge)もゲストOSとして入れてみることにしました。


VS2005のコンソールでDebian用の仮想PCを作り、さっそくインストール開始。ハードウェアの認識もなんら問題なく進み、あっというまのインストール完了。あまりにすんなり行くので、逆に不安に駆られて動作確認してみたものの見たところ異常なし。aptコマンドでupdate/upgradeやsambaのインストールを行い、あっという間にDebian環境が出来上がってしまいました。これは便利!このDebianサーバは当面、私の個人的なファイルサーバとして使ってみようと思った矢先にひとつ大きな問題発見。

インストール直後にntpの時間あわせを行っているにもかかわらず、時間が大きくズレているのです。しかも、そのズレがハンパでなく1分間に20~30秒も遅れています。これは困った。1分20~30秒のズレを放っておくと1時間で20~30分、1日で8~12時間(!!)もずれてしまってとっても使い物になりません。1日に20~30秒ならntpdateを1日に数回動かして対処できる範疇かと思いますが…。

VS2005の「ホストの時刻の同期」という設定が影響しているのかとも思って、これをOFFにしたりするも特に変化なし。気になってネットで検索をかけてみたところ、数件同様の現象を訴えていらっしゃる方を発見。どうやら、VS2005の仕様とのことでした。中には5秒おきにntpによる時間あわせを行って対応している、なんて方もいらっしゃいましたが、それでは外へのネットワーク切断時にはどうしようもないわけで根本的対応になっていません。Microsoftのアナウンスを見るとVS2005ではLINUXのサポートを謳っているようですし、なんとか回避策を提示してほしいものです。。。あまり期待はできませんが。

う~ん、何か良い回避策などないものでしょうか。

追記 (2006/01/06)

その後の調査で原因はカーネルにあるものという結論に至りました。

64bitCPU搭載機で起こりうる問題だった様子。今日時点でapt-getできるカーネルイメージは2.6.8-11ですが、この問題の解決には2.6.14あたりのカーネル導入が必要になるとか。面倒なので2.4.xに落として再度挑戦してみることにします。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。