ATIの新ドライバ「Catalyst 5.12」を試してみる

ATIは新ドライバ「Catalyst 5.12」を公開。デュアルコアCPUとHyper-Threading対応CPUに最適化し、対応CPUを使用した場合3DMark05で5.7%、3DMark03で3.3%の性能向上が見られるほか、Half-Life 2、Unreal Tournament 2004、Far Cryなどのゲームも8%~25%の性能向上があるという。

折角Hyper-Threading対応の環境が手元にあるので、さっそく試してみました。


環境はPentium 4 HT 2.8GHz、メモリDDR DIMM 2GB、GPUにRadeon X300 SE Hyper Memoryを積んだ『HP Compaq Business Desktop dx6100 ST/CT』。ベンチマークには3DMark03と3DMark05を利用した。

旧ドライバ(Catalyst 5.11)ではこのような感じでした。

3DMark03 : 2188
3DMark05 : 1190

一方、新ドライバ(Catalyst 5.12)によるベンチマーク結果は…

3DMark03 : 2191
3DMark05 : 1193

わずかながらの上昇が見られたが、誤差の範疇といえなくもないですね。エントリークラスに当たるX300 SE HMなどではあまり効果が発揮できないのかもしれません。ちょっと残念。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。