セリカを初めての車検へ

車検のため近所のトヨタカローラ店にセリカを入庫。ここまでの走行距離は34422km。

「保証がつくし」の延長保証とメンテナンスパックに加入のうえ、今回は自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金も併せて徴収されるので見積もり総額約15万円。ま、こんなもんでしょ。

セリカの持病とも言えるVベルトの鳴きがちょっと気になっていたので併せて確認をお願いして店を出たのですが、その後すぐに「タイヤの溝が浅くなってきてるのでこの機会に変えておきませんか?」との連絡。

後から「タイヤ変えるのでお金頂戴!」なんて言うと嫁から文句を言われそうなので「車検通すのにタイヤ変えないといけなっかったみたい」ってことにしておいた方が得策だろう…と思案を巡らし、お願いすることに。


「グッドイヤーとブリヂストンなら一通り揃ってる」と言いながら『B’STYLE』を何故かしつこく薦められたのですが、初期装着タイヤの『POTENZA RE080』と同レベルのグリップが絶対条件!と突っぱねました。

そうなると残るは『POTENZA RE-01』『POTENZA GIII』『Playz PZ-1』ですが、『POTENZA RE-01』は明らかにオーバースペックなので実質二択。Playzは最近発売されたばかりということもあり素性が良くわかりませんでしたが「PlayzはGIIIの後継品なのでグリップは同じ。Playzの方が乗り心地も良いと思います。」と言われ今回はそちらをチョイス。

新しいタイヤを履いて戻ってくるのを楽しみに待ちたいと思います。

追記 (2006/01/11)

「GIIIの後継品」と聞かされていたPlayzですが、後継でもなんでもない全く別のラインナップだったらしくグリップも大きく劣るとのこと。

騙された…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。