キヤノンもフィルムカメラの新規開発中止

ニコン、コニカミノルタに続きキヤノンもフィルムカメラの新規開発中止の方針を明らかにしました。

ここであらためて言うまでもありませんが、デジタルカメラの急激な台頭を受けて銀塩カメラは衰退の一途。わずか数年で販売台数が半分以下になるような状況で、いかに大手といえども手に負えない状況になってしまったのは間違いありません。

わたし自身も既に銀塩カメラは使っていませんがフィルムにはフィルムなりのアナログな魅力がありました。細々でも良いのでフィルムカメラは続けていって欲しいなぁ。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。