不具合多発の『FOMA SH903i』返品。SH902iSに変更。

先日購入したばかりのドコモの携帯『FOMA SH903i』ですが、勝手に再起動するなど動作不安定なところがありドコモショップへ。初期不良で即交換かと思いきや「メーカー送りで戻りは未定」ということのでSH903iを返品することとなりました。

実は、SH903i購入直後から音楽再生時の使い勝手の悪さが気になっいて若干後悔気味だったのでこれは願ったり叶ったり。一旦自宅に戻って領収書や外装・取扱説明書などを持って返品・返金手続きを終え、代わりに『FOMA SH902iS』を購入してきました!


気になっいたSH903iの使い勝手の悪さというのは平型イヤフォン端子の位置と向き。SH903iのイヤフォン端子は端末の右側下部に位置し、そこにイヤフォンを接続するとそこから伸びるイヤフォンコードはさらに下に向かって伸びるようになっています。これってすごく不便だと思いませんか?

携帯端末を音楽プレーヤーとしても使用する場合、胸や腰のポケット、あるいはハンドバッグ等ついているポケットに本体を入れ、そこからイヤフォンを伸ばして音楽を聴くというのが一般的なスタイルでしょう。しかし、SH903iの場合はコードが下向きになっているためにポケットの底にあたって平型端子が勝手にはずれたり、コードの根元に負荷がかかっていずれ断線でもしそうな感じ。携帯を逆さにして収納できる場合はよいですが、普段首から提げて胸ポケットにいれている人や大きなストラップをつけていたりする場合そう簡単にもいかない場合もあるでしょ。

せっかくナプスター対応や50時間以上の再生時間など”音楽対応携帯”を前面に打ち出しているのですから、そのへんの配慮はしてほしかったものです。まぁ、端末メーカ側としては先日はじまったMNPに向けてドコモに端末リリースを急かされてそこまで手が回らなかったのかな。いずれにせよ、時期モデルからはなんとかしてほしいところです。

一方、かわりに購入したFOMA SH902iSは音楽再生時間は22時間。SH903iよりは短いですがP901iSの4-5時間に比べたら格段に長いので許容範囲。また、SH902iSではイヤフォン端子は端末上部でコードも上向きに出るようになっているのでポケットにいれても邪魔になりません。なにより、アルミの質感を生かしたシンプルデザインが気に入ってます。事前によく調査して、はじめからこの機種を選んでおくべきでした。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。