手持ちのSDカードをベンチマークしてみた

先日BuffaloのminiSDカード(2GB)を購入したので、それまで携帯で使っていた256MBのものをコンパクトデジカメ用にまわして、コンパクトデジカメに入っていたものを家族の携帯に…といった再配置を計画。いったん家中のSDカードを掻き集めたので、まとめてベンチマークをとってみることにしました。


ベンチマークにはHDBENCH Ver 3.30を、メモリカードリーダとしてI.O.DATAのUSB2-W12RWを使用しました。HDBENCHの転送ファイル容量は基本100MBとし、メモリー容量100MB未満の製品に関してはそれぞれの容量に対する最大値を指定してベンチにかけています。

まずは我が家がはじめて入手したSDカードでもあるPanasonic製の『RP-SD016B』(16MB)と同じシリーズの『RP-SD064B』(64MB)。既に生産終了となった製品。メーカーサイトに残っている情報ではデータの平均転送速度2MB/秒とのことですが、結果を見ると読み込みは4MB/秒を超えているのですが書き込みが1.2MB/秒ほどしか出ていません。平均転送速度2MB/秒の”平均”という言葉に何か罠の予感を感じます。

(RP-SD016B) Read:4486 Write:1420 Copy:659
(RP-SD064B) Read:4475 Write:1203 Copy:586

つづいて東芝製のminiSDカード『SD-S16F』(16MB)。ドコモの携帯電話F900iを買うときに貰ったサンプル品です。初期のminiSDカードなので結果はある意味予想通り。SDカードの初期の製品である先ほどの『RP-SD064B』や『RP-SD016B』よりも読み書きともに低い値となりました。

(SD-S16F) Read:3875 Write:1004 Copy:413

えー、続きましてKINGMAX製『MSD-128M』。容量128MBで、転送速度66倍速をうたっている製品です。さすがにこれまでのものに比べると読み書きともにぐっと早くなっています。ただ、コピーの値が最悪の値というのがちょっと気になります。

(MSD-128M) Read:7885 Write:3842 Copy:288

お次はTranscend製『TS256MSDM80』。つい最近までP901iSとセットで音楽プレーヤー用として使っていた容量256MBのminiSDカード。カードには80倍速としっかりプリントされていますが、80倍速すなわち12.0 MB/秒には微妙に届いていません。それでもすべての値でこれまでの最高値です。

(TS256MSDM80) Read:10417 Write:6700 Copy:705

最後は先日Amazon.co.jpで購入したばかりのBuffalo製2GBのminiSDカード『RSDM-2G』。パッケージにはの読込速度6MB/sと記載されていますが、ベンチマークの結果は記載値以上の数値を叩きだしています。

(RSDM-2G) Read:8273 Write:4442 Copy:328

まぁ、なかなか楽しい実験でした。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。