SATA対応の「玄箱」が出るって?

先週末、風邪で体調を崩していたためネットでニュースなども見れないでいたので今日になって週末の記事を斜め読み。するとBroadband Watchに気になる記事を発見。「玄人志向、Linux BOX利用を想定したSATA対応の「玄箱」新製品」ですって?うーん、気になる。

記事によると、CPUにはMarvell製の「88F5182 400MHz」を採用って…ARM?個人的には従来の玄箱に使われていたPPCの方が良かったような気がしないでもないですが。あと、256MBのNANDフラッシュ搭載でディスクレスシステムの構築にも対応という発想もいいのですが、256MBだといろんなことやりだすとすぐにサイズオーバーしそうです。思い切って512MB~1GBくらいにしといてもらうと魅力的なんですが。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。