Virtual PC 2007導入でパフォーマンスも向上!

Microsoftによる仮想化ソフトウェアの最新版『Virtual PC 2007』の正式公開となりました。

従来の『Virtual PC 2004(SP1)』からの変更点は、Vistaをホスト/ゲストOSとして正式サポートしたほか、一部CPUがもつ仮想化支援機能に対応した点など。うちのPCはPentium 4 HTで仮想化支援機能には非対応だし、Vistaを早急に導入する予定もありませんが、2004(SP1)に比べてパフォーマンスの向上が図られているとのことでさっそくインストール!

『Virtual PC 2004(SP1)』がすでに導入されているうちの環境でも何のトラブルもなくインストールは完了。2004で作成していた環境も問題なく引き継げました。


2004(SP1)から2007へのバージョンアップによる”パフォーマンスの向上”がどの程度かみなさん気になるところでしょう。そこで、2007導入前にゲストOS(ちなみにWindows 2000)上でベンチマークをとっておいて、導入後とのスコアの違いを比較してみました。

まずは『Virtual PC 2004(SP1)』上でのベンチマーク。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium4 2847.53MHz[GenuineIntel family F model 4 step 1]
VideoCard VM Additions S3 Trio32/64
Resolution 1024×768 (16Bit color)
Memory 523,760 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2007/02/20 21:40

Intel(r) 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
Virtual HD

Intel(r) 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
MS C/DVD-ROM

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
38390 77242 95888 198072 95119 183277 8

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
1963 4323 270 386 25365 15489 3360 C:\100MB

続いて『Virtual PC 2007』上でのベンチマーク。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium4 2847.57MHz[GenuineIntel family F model 4 step 1]
VideoCard VM Additions S3 Trio32/64
Resolution 1024×768 (16Bit color)
Memory 523,760 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2007/02/20 21:48

Intel(r) 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
Virtual HD

Intel(r) 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
MS C/DVD-ROM

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
45761 82404 94956 195000 108225 187065 9

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
3331 5787 311 584 50843 26008 5624 C:\100MB

DirectDrawを除いたグラフィックとハードディスク関係が大きく向上しているようです。なかなか良い感じではないでしょうか?

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。