sarge+2.6.20化済みの玄箱インストールイメージを作る

最近カーネル2.6.20化したばかりの我が家の玄箱ですが、将来の再インストールに備えてSarge化+カーネル2.6.20化済みのクリーンなインストールイメージを作成しておこうと思い、一度まっさらに初期化して環境の再構築を行いました。再インストールの度にsarge化とカーネル更新するのは面倒ですしね。


今回ベースにしたのは『玄箱で遊ぼう!!』で配布されているDHCP対応イメージ。IP固定(192.168.0.100)をデフォルトとして配布してくださってる『玄箱うぉううぉう♪』さんや『Genbako』さんのDebianイメージを元に自分でDHCPクライアントとして設定しても、一部ルーターから接続拒否されてしまいうまく機能しないこともあるので(うちが正にそうでした)、ベースとしてその問題をあらかじめ解決してある『玄箱で遊ぼう!!』さんのものを利用させてもらいました。

そこに『Genbako』さんのパッチを適用してからsarge化とカーネル2.6.20化まで施し、カーネル2.6環境下でのリセットボタン長押しによるEMモード切り替えにまで対応させ、最後にカーネル再構築に備えて kurobox-sources-2.6.20.patch のみ /usr/src に置いて準備完了。(カーネスソースは容量大きいし、そうそう消えるものでもないでしょうから必要なときにダウンロードすればいっか…ってことで。)

あとはEMモードに入って以下の手順で /mnt 配下を固めて圧縮して完成。

# mount /dev/hda1 /mnt
# mount /dev/hda3 /mnt2
# cd /mnt
# tar cvf /mnt2/tmpimage.tar .
# cd /mnt2
# gzip tmpimage.tar
# mv tmpimage.tar.gz debian-sarge-2.6.20-kuroBOX-20070228.tgz

せっかくなので、作成したインストールイメージをこちらに公開しておきます。ただし、無料のストレージサービス「MediaFire」上にアップしているので、リンクが切れたら公開終了ということで…。(その後も欲しいという方がいらっしゃれば、コメントにてご連絡いただければなんとかして差し上げたいと思います。)

インストールイメージの導入手順は以下の通り。

  1. 玄箱をEMモードに落とします。rootでログインし、以下のコマンドを発行します。
    # echo -n "NGNG" > /dev/fl3
    # reboot

    すでにDebian化している場合は背面のリセットボタンを押すか、以下のようにしてリセットボタンのスクリプトを直接実行し、再起動すればEMモードに入れます。

    # /etc/kuroevtd/resetpress
  2. EMモードの玄箱にTelnetでログイン(ユーザー:root パスワード:kuro)し、次のコマンドを実行してパーティションを再作成します。
    # /sbin/mfdisk -e /dev/hda
    # sh /sbin/mkfilesystem.sh
  3. /mnt に /dev/hda1を、/mnt2 に /dev/hda3をそれぞれマウントします。
    # mount /dev/hda1 /mnt
    # mount /dev/hda3 /mnt2
  4. etch化済イメージをFTPで /mnt2 に転送。転送後、展開します。
    # cd /mnt
    # tar xvzf /mnt2/debian-sarge-2.6.20-kuroBOX-20070228.tgz
  5. ネットワーク設定が必要な場合はここで。
  6. EMモード解除コマンドを入れて再起動すれば終了です。
    # /usr/bin/write_ok
    # reboot

以上。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。