Ubuntuのアップグレード失敗

最近仕事が忙しくてバタバタしているのですが少し時間がとれたので、先日リリースされたUbuntu 7.04「Feisty Fawn」の日本語ローカライズ版を試してみるべく、Virtual PC環境に構築済みのUbuntu 6.10環境からアップデートマネージャを利用してアップグレードを行いました。

アップグレード作業はいたって簡単。途中表示されるダイアログのメッセージに妙な日本語訳がいくつか見うけられましたが、これといって難解な選択を迫られることはありません。さくさくとプロセスは進行し、「アップグレードの取得とインストール」が始まったところまで見守っていましたが、そのプロセスは1時間少々時間がかかるようなので、その間Virtual PCをホストしているWindows XP上で別の作業をしていたのですがそこに悲劇。ロータス・ノーツでファイルを開こうとしたらノーツが固まり、画面がブラックアウト…そしてOSが再起動してしまいました!

慌ててVirtual PCを再度起動しUbuntuを起動しようとしましたが、起動画面でプログレスバーが微動だにしません。がーん。クリーンインストールでUbuntu 7.04を入れることにします。(泣)

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。