Windows版Safari 3(ベータ版)を試してみた

先日WWDC 2007で発表されたApple製ブラウザのWindows版「Safari 3」のパブリックベータ版をインストールしてみました。

まだ日本語の表示は標準対応できていないので、こちらの記事を参考にして設定を変更すると、一般的なページでの日本語表示は可能になりましたが、スタイルシートでフォントを指定していたりすると上手く表示されない…残念。

HTMLやCSSの解釈やAjaxの動作などを簡単にテストをした限り、独特な動きが目に付くことはなし。フォントやフォーム部品の描画も綺麗で、なかなか好感が持てます。ホームページを作る立場からすると動作確認環境がまたひとつ増えてちょっと頭の痛いところですが、閲覧する立場から見れば選択肢が増えて良いのかもしれません。

最後に、SafariのパフォーマンスはFirefoxの最大1.6倍というようにアナウンスされていますが、使ってみた限りFirefoxはもちろんInternet Explorer 7よりも遅く感じました。まだベータ版ってことで最適化コンパイルされてないのかな?

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。