『SHURE SE210』のコード皮膜が破れてた

5月に購入してまだ4ヶ月ほどしか経っていないSHUREの高遮音性イヤフォン『SE210』ですが、既にハウジング側のコードの皮膜が破れて中の銅線がコンニチハ状態。SHUREのコードの貧弱さはあまりに有名なので相当慎重に扱ってきたつもりですが、それでも被害は避けられませんでした。

突き返されるのを覚悟のうえで購入した店舗(ヨドバシカメラ)に持っていったところ、「まだ半年も経ってないから」ということでその場で新品に交換してもらえて大助かり。

そんなに安い商品でもないのだからもうちょっと丈夫に作れないものでしょうか…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。