Catalyst 8.12 公開 – 4000 シリーズ以外も「ATI Stream」が有効?

ATI のグラフィックスドライバの12月版「Catalyst 8.12」がリリースされました。

今バージョン一番の注目点はGPUを汎用演算向けに開放する「ATI Stream」の導入。ATI Streamに関しては「Radeon HD 4000 シリーズのみが対象」とか「Radeon HD 4600、4800 番台でしか使えない」などの話が飛び交っていたので気になってリリースノート(PDF)に目を通したのですが、これといってGPU種別毎の使用可否は記載されていませんでした。

With the release of ATI Catalyst 8.12 users can unlock the potential of accelerated applications enabling ATI Stream technology for millions of ATI Radeon™ graphics processors worldwide

ATI Stream computing harnesses the tremendous processing power of the graphics processing unit (GPU) for high-performance, data-intensive computations over a wide range of scientific, business and consumer applications.

ATI Stream technology enables the hundreds of parallel Stream cores inside AMD graphics processors to accelerate general purpose applications. These capabilities will allow ATI Stream-enabled programs, for a variety of different tasks and from a growing number of software vendors, to operate with optimized performance or with new functionality.

「何百万というRadeonのATI Stream技術を有効にする」みたいな書き方がしてありますが、4000シリーズ以外のRadeonチップでもATI Streamが使えるのかな??


ちなみに同時に追加されたGPUによる動画エンコード処理支援ツール「AVIVO Video Converter」についてはRadeon HD 4600、4800シリーズのみとの制限が明記してありました。

Using ATI Stream technology, owners of ATI Radeon™ HD 4800 Series and ATI Radeon™ HD 4600 Series of graphics cards can help accelerate the conversion of standard and HD video into multiple formats for use on differing consumer electronics devices

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。