九重氷の祭典は今年から中止だったのか

例年この時期の九重連山は積雪も多く、九州ではなかなか味わうことのできない雪山体験を楽しむべくたくさんの登山者が訪れます。しかし、今年は雪が少なく人手もまばら。やはり温暖化の影響なんでしょうか。

そんな中でもできれば今月中にもう一度九重に行こうと思っているのですが、例年この時期に行われて大渋滞を引き起こす原因となっている「九重氷の祭典」の期間中に一帯に近づくのだけは避けなければ、と思って今年の開催日程を確認。すると、近年の雪不足や赤字やらが原因で昨年限りで開催が取止めにしてるじゃありませんか。知らんかった。

九州人の多くは雪道の怖さを知りませんから、チェーンも持たずに訪れてスリップによる追突や脱輪事故を起こしたり、四駆を過信した結果雪にはまって動けなくなってる車が毎年のように出ているので「なんでこの時期、この場所に観光客を集める必要があんねん!?」と、このイベントの存在にずっと疑問を持ってたのですが、無くなったら無くなったで寂しいものですね。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。