Amazon.co.jpが佐川からペリカン便に戻しはじめた?

わたしはAmazon.co.jpをよく利用するのですが、春頃より配達業者が日通のペリカン便から佐川急便に変わりました。聞くところによると、郵便事業の「ゆうパック」と日本通運の「ペリカン便」の事業統合に伴う混乱に乗じて、佐川が格安で入札を制したらしいのです。

しかし佐川急便のサービスに問題が多いのは多くの方がご存知の通り。わたしの場合も過去に誤配送や紛失、荷物の雑な扱いによる破損や破袋は経験済み。おまけに時間指定は大抵無視だし夜中の10時過ぎに荷物を届けに来た、なんてことを経験済み。そして何より他業者に比べて配送に時間がかかりすぎ。こんな状態なのでわたし個人も佐川は極力避けてきており、Amazon.co.jpが佐川になったと知った時も少し残念な気がしてなりませんでした。

ところが…つい最近になって、CDやDVDなどのメール便として届けられる荷物は相変わらず佐川ですが、それ以外の取扱い注意の荷物やある程度の大きさのある荷物がペリカン便(JP Express)で届くようになったのです。

そのペリカン便のおっちゃんが話し好きな人で少し事情を聞かせてくれたのですが、やはり佐川の配送には遅れや商品破損が多くAmazon.co.jpが一部をペリカン便に戻したらしい、とのこと。おそらく地域や荷物を限定した動きでしょうが、とりあえずは朗報です。

追記 (2009/10/15)

最近また佐川がメインになってるみたいです。日通と郵便小包事業の統合(JP Express)が先送りになったことが影響してるのかしらん?

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。