1000BASE-Tにカテゴリー5はモノによりけり

先日届いたBuffalo製のNASLinkStation『LS-XH1.5TL』に少しづつデータを移しているのですが、さすがに無線LANコンバータを介しているデスクトップからデータを転送するのは時間がかかり過ぎます。そこで、もしもの時のために常備している10mのLANケーブル(カテゴリー5)を引っ張り出して繋いでみました。これによりデスクトップPCから光ネクスト用CTU『PR-S300NE』を介して『LS-XH1.5TL』に接続、という形になります。いずれの機器も 1000BASE-T に対応していることから1Gbps接続で快適になるかと思ったのですが何故かPCとCTUの間が100Mbpsでしかリンクしてくれません。


念のためにPCとCTUのネットワーク仕様や設定を確認したのですが、やはりどちらも1000BASE-T。1000BASE-Tはカテゴリー5のLANケーブルで問題なく動作するはず(1000BASE-TXはカテゴリー5e以上)なんですけど、どうやっても上手くいきません。そこでCTUの脇にノートPCを並べて家中の様々なLANケーブルで接続テストを行ってみました。すると、一部のカテゴリー5ケーブルが100Mbpsでしかリンクできないことを確認しました。どうやらケーブルの品質が原因のようです。

今回問題が判明したケーブルはいずれも名の知れたメーカーのものなのですが1000BASE規格が今ほど広まっていない時期に入手したものなので、十分な品質が確保されていなかったのでしょう。また、まったく同じLANケーブルでも一方は1Gbpsでリンクできるのに、もう一方は100Mbpsでしかリンクできなかったりしたので同一メーカー、同一型番のケーブルといえども品質にバラつきがあるようです。こうした結果を踏まえると、1000BASEの環境ではより品質の安定したカテゴリー5e以上のケーブルを使用した方がトラブルが少なくて済みそうです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。