衆議院議員選挙

昨日の衆議院議員選挙は民主党圧勝に終わりました。

政治に関してはとにかく変化を嫌ってきた日本人が揃って変革を求めた今回の選挙結果を「日本人が自我に目覚めた」と見るべきか、あるいは「”右へならえ”な国民性に従ったまで」と見るべきかは判断が難しいところだと思います。しかし、理由はどうあれ自民党が長らく独占してきた政権と第一党の座を明け渡すことは決まったわけで、歴史に残る一日だったということは間違いありません。

閉塞感漂う日本の政治と経済に鳩山民主がこれからどう対処していくのか?お手並み拝見といきましょう。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。