Aterm WR8700N イーサネットコンバータセットを購入

NEC Aterm WR8700N(HPモデル) イーサネットコンバータセット PA-WR8700N-HP/NE11a/b/g/n同時接続が可能で有線LAN/WANの全ポートがギガビットに対応、マルチSSID機能やDLNAに対応した簡易NAS機能、さらに細かな節電設定も可能なほぼ”全部入り”無線LANルータ『Aterm WR8700N』が先月リリースましたが、それにイーサネットコンバータ『Aterm WL300NE-AG』をセットにした『Aterm WR8700N イーサネットコンバータセット(PA-WR8700N-HP/NE)』の販売も始まったようなのですかさず注文。

いつもはAmazon.co.jpを利用するのですが、ポイントを勘案するとあまり値段が変わらなかったことに加え万一の初期不良の際のアフターサービスを考慮して今回はヨドバシ.comにてオーダー。人気で品薄らしく商品手配に3日程要しましたが、。博多南近辺に出荷拠点を構えているらしく出荷完了の案内メールが届いてから実際に荷物が到着するまでは異様に早かったです。

さっそくセットアップしてみる

箱から取り出した親機の背面スイッチをAPモードに変更して光ネクスト用のHGW『PR-S300NE』に接続。説明書によると親機は自動でサブネットマスクを判断してIPアドレス”X.Y.Z.211″になるとのこと。さらに出荷時点で無線LANの設定が施されており、そのSSIDとパスワードは親機の側面に印刷されているのでそれを見ながらThinkPadの無線LAN設定を変更するとあっさり300Mbpsでリンク。簡単~♪


webコンソールにアクセスしてファームウェアバージョンを確認。先に発売された単体モデルでは初期ファームウェアでIntel製無線LAN機器との接続が不安定とかで騒がしかったようですが、今回購入したセットモデルでは最新のファームウェア1.04が適用済みでした。

続けて無線LANの設定。5GHz帯はPCのみ利用する予定なので初期設定でデュアルチャネルが有効になっていることとAES暗号化が施されていることを確認し、SSIDは外部から見えないよう変更。PS3とPSPが利用する2.4GHz帯はデュアルチャネルを解除した後、こちらも外部からSSIDが見えないように設定しておきました。当面使う予定のないゲスト用のSSIDは停止させておきました。

最後に付属のイーサネットコンバータ『Aterm WL300NE-AG』を寝室に設置してデスクトップのPCと接続。イーサネットコンバータは親機と違ってサブネットマスクを判断して云々…という機能は備えていないので初期IPの192.168.0.240から同一サブネットのIPに変更してすべての作業が完了。

これまで利用してきた『Aterm WR7850S』とイーサネットボックス『Aterm WL54SE』の組み合わせでは大容量ファイルに結構時間がかかっていましたが、新しい環境は段違いに速くなっています。(詳しくベンチマークでも測ってみたいところですが、使っているPCがPCなだけにあまり参考にもならないと思われるので省略します。)

あとは安定して動いてくれれば言うことないのですが…しばらく使って様子を見てみることにましょう。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。