デノンのユニバーサルプレーヤー「DBP-1611UD」が気になる

DENON 3D対応・ネットワーク機能搭載ユニバーサルプレーヤー DBP-1611UD-K ブラックデノンから3D BDに加えスーパーオーディオCDやDVD Video/Audioの再生に対応したユニバーサルBlu-ray Discプレーヤー「DBP-1611UD」が発表されました。希望小売価格は5万2500円で、12月下旬に発売予定。

一応エントリーモデルという位置づけですがBlu-ray 3D再生に対応するほか、DVDの1080pへのスケーリング機能なども勿論搭載。また、YouTubeのストリーミング再生機能のほか、DLNAにも対応しており音声系がWAV/AAC/MP3、動画・静止画系がWAV/DivX/MPEG(4/2/1)/WMV/AVI/JPEGなどの再生も可能とのこと。

従来より起動時間も短縮されてるようだし、WMV再生にも対応しているようだし…これは欲しい。現在使用しているAVシステムをそろそろ更新しないといけない時期なんですが、長年愛用しているオンキヨーは東芝への配慮からか国内でBDプレーヤーをリリースする気配がないし、おまけに現在リリースされているAVアンプもHDMIパススルー時の待機電力が他社製品に比べて高いなど技術的・品質的にも遅れが見られる状態なので一切合財デノンに乗り換える方向で検討したいと思います。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。