Galaxy S(SC-02B)をb-mobile U300で使う

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MSGalaxy S(SC-02B)を購入して1か月以上が経過。最初は興味本位でガンガンパケット通信しまくっていたんですが、ここのところはメールとニュースサイトの閲覧をするくらいに落ち着いてきました。この程度であれば多少回線が遅くても問題ないなぁと思い、通信料金の節約も兼ねて日本通信のb-mobileを使ってみることにしました。

一応SIMロックのかかっているGalaxy S(SC-02B)ですが、ドコモからのMVNO業者であるb-mobileのSIMは問題なく使用できるんですよね~。使えるものは使わにゃ損です。

101230_bmobile - Galaxy S(SC-02B)をb-mobile U300で使う

今回購入したのは6ヶ月(185日)使い放題の『bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ(BM-U300-6MS)』で店頭価格は14,900円ほど。ドコモはパケ・ホーダイ ダブルの5,985円(税込)+SPモード(or mopera Uライトプラン)の315円(税込)で毎月合わせて6,300円がかかる計算ですが、b-mobile U300ならば月々2,500円以下。料金を毎月3,500円以上節約できるのは大きいです。


さっそくb-mobile SIMを開封すると出てきたのはドコモのFOMAカードそっくりそのまま。

101230_bmobilesim - Galaxy S(SC-02B)をb-mobile U300で使う

SIMカードを挿す前に、携帯電話からb-mobileに電話をかけて開通手続きを行います。パッケージに書かれてある電話番号に電話すると音声ガイダンスが流れるので、言われるままパッケージに書かれてある番号を入力していくだけなので1分ほどで終わります。それからb-mobile SIMをGalaxy S(SC-02B)に挿して次の設定を行います。

APN: dm.jplat.net
ユーザー名: bmobile@u300
パスワード: bmobile
認証タイプ: PAP

最初、b-mobileのホームページにあった「GALAXY S SC-02Bの場合(PDF)」を参考に設定したのですが、認証タイプの設定に関する記述が無くて繋がらずに困惑してしまいました。最初は開通手続きに時間がかかってるのかと思い30分ほど待ってみても状況は変わらず、再度開通手続きをの電話を行ってもダメ。年末でサポート窓口も閉まってるだろうし参ったなぁ…と、ダメもとでGoogle先生に聞いてみると”認証タイプの設定が必要”という記述を発見。それに従って設定してみるとあっさり繋がりました。認証タイプについてはどうやらb-mobileの資料の記述漏れみたい。困りますねぇ~。

さっそく使ってみましたが、上下ともに300kbpsということで心配していた回線速度についてはGmailやテキスト主体のサイトを見る分にはほとんど気になりませんでした。画像の多いPC用のページを開いたりevernoteに画像をアップロードしたりするのは若干待たされますが、値段を考えると十分な性能は出ているのではないでしょうか。

NTTドコモは2011年4月以降SIMフリー化の道を進むようですが、今の料金体系のままだとわたしのようにb-mobileなど他社回線に乗り換える人が増える一方でしょう。4月のサービス体系見直しなどがどうなるか…今後の動向が見ものです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。