デノン『AVR-3311』購入!

DENON HDMI Ver,1.4a対応7,2chAVサラウンドレシーバー ブラック AVR3311K年末にデノンのトールボーイスピーカー『SC-T55SG』を購入して否が応でもAVアンプの買い替えが必要な状態に自分を追い込んでいましたが、ようやく覚悟を決めて『AVR-3311』を注文してきました。

AVR-3311はデノンのミドルクラスの製品で最大出力185Wx7ch(6Ω時)、サブウーファ用プリアウトを2系統備えた7.2chアンプ。スピーカー端子は11ch分用意されていて予めフロントワイド、フロントハイトのスピーカーを接続しておけばドルビープロロジックIIz、Audyssey DSXをワンタッチで切り替えて楽しむこともできます。32bit処理に対応したDSP内蔵で全チャンネルの音声を24bitクォリティで再現できたり、上級モデル譲りのクロック・ジッター・リデューサー搭載で音質にも気が配られています。また、HDMIの最新規格準拠で3D/ARCに対応するほか、個人的にはネットワーク対応でDLNAクライアントやインターネットラジオ機能がある点やFM/AMチューナー内蔵という点も気に入りました。


今回のAVアンプ選定にあたっては最後までエントリークラスの『AVR-1911』とどちらにするか悩みましたが、ヨドバシで比較試聴比較視聴をさせてもらいあきらかな音質の差を目の当たりにすると3311にする他なかったですね。

さっそく自宅に持ち帰って楽しみたいところでしたが、先に購入したユニバーサルBlu-ray Discプレーヤー『DBP-1611UD』に合わせて選んだ本体色黒は生憎の在庫切れ。先日AirPlay対応のアップデートが公開されるなどの話題性もあり売れているそうでメーカーの方でも九州にはシルバーが5台のみという在庫状態らしいので、メーカー直送で23日(日)に届けてもらうことになりました。

届くのが楽しみ~。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。