AVアンプ到着に向けてHDMIケーブル等を用意

SONY HIGH SPEED HDMI ケーブル 1m DLC-HE10XF先日購入し週末に配送されてくる予定のAVアンプ『AVR-3311』用にソニーのHDMIケーブル『DLC-HE10XF』とオーディオテクニカのRCAピンジャック用キャップ『AT6063R』を購入しました。

ケーブル素材によるアウトプットの違いについてはプラシーボ的なところもあるのであまりに高額なものには手をださないようにしているのですが、外部ノイズに対するシールド性能の良し悪しが映像や音に差を生むという点では過去に身を持って実感したことがあるので以前から”それなり”のケーブルを使用するようにしています。ということで今回HDMIについてはこのケーブルを選択。ソニー製品とはいえアクセサリー類については昔からそんなに悪くありませんし、一応ビジュアルグランプリ2011の1mあたり1万円未満のHDMIケーブル部門で金賞ということなのでまぁ間違いはないでしょう。このケーブルはAVR-3311とユニバーサルBlu-ray Discプレーヤー『DBP-1611UD』との接続に使い、デノンの人に貰ったHDMIケーブルはアンプとテレビの接続に使いたいと思います。


一方のAT6063Rの方は本当にただの保護キャップですね。AVR-3311の背面にはたくさんの接続用端子が用意されていて拡張性十分なんですが、当面使いそうなのはスピーカーとウーファー、HDMI、LANそれにFMアンテナくらいで赤白のRCAピンジャックを使用する理由が見当たりません。そのまま放っておいて、いざ使う必要が出てきたときに端子が痛んでいても困りますから早めの対策です。

ちなみに、今回も例に漏れずAmazon.co.jpで購入したのですが、到着した梱包にはデカデカと「この貨物はリチウム電池を搭載しています」といった旨のシールが貼られていました。

110117_amazon - AVアンプ到着に向けてHDMIケーブル等を用意

HDMIケーブルとキャップのどこにリチウム電池が積まれているというのだろう…。Amazon.co.jpの人が梱包の際にチラっと見えたHDMIケーブルのパッケージをポータブル機器かなにかと勘違いしたのかな?

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。