サブウーファー「SKW-10」を処分

ONKYO サブウーファー アンプ内蔵 40W SKW-10昨年末に着手した我が家のAVシステム刷新計画も先日のAVアンプの購入でとりあえずひと段落。リアスピーカーだけは長らく愛用してきたオンキヨーのトールボーイを引き続き使用しているものの、アンプ、プレーヤー、フロントスピーカーといった核となる部分をオンキヨー製品からデノンのミドルクラスの製品に移行したことで音のバランス上出番のなくなったオンキヨーのサブウーファー『SKW-10』を本日処分してきました。

かれこれ6,7年使ってきたこのサブウーファーは「安かろう悪かろう」を地で行く製品で玩具に毛が生えた程度の代物でしたがそれなりに愛着もあるうえモノを大事に扱う性格上ほとんど傷も汚れもない外見なので捨てるには忍びなく、この1週間引き取り手を探してみたのですが希望者無し。いつも利用しているオーディオ専門店に買取りしてくれるか聞いたものの「オーディオ製品と呼べるモノではないので…」とこちらも渋い反応だったので、仕方なくソフマップの買取カウンターへ持ち込み。500円にもなれば万々歳と思っていたところ3,000円ということだったのでちょっとラッキーでした。

それにしてもソフマップで見積もりにかかった時間が3時間!噂には聞いていましたが、あり得ないほど時間かかりますね。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。