U300でもradikoが普通に聴ける→その後制限されました

現在使用中のスマートフォン『Galaxy S(SC-02B)』でのネット接続といえばメールの確認やウェブの閲覧くらいなので昨年末から通信費節減の為に日本通信のMVNOサービス『bモバイルSIM U300』を使っています。通信速度が最大300kbpsに制限されているU300ですが、特に不自由もなく使えています。

そんな折、先日発生した東日本大震災においてラジオの有用性が再認識されたという話しを聞いて、Galaxy S(SC-02B)+U300の環境でIPサイマル放送「radiko」がどの程度使えるか確認してみました。


初期のradikoアプリはバッファ時間を変更することが出来なかったせいか「低速回線でのradikoは使い物にならない」とよく言われていましたが、バッファ時間の設定が可能になった現在のアプリでバッファ時間を1分に設定して試してみたところU300の回線でも十分まともに聴くことが出来ました。ここ数日、自宅から仕事場までの片道1時間ほどの時間を利用して聴いているのですが、途中電波状況の悪いエリアで少し途切れが生じる程度。U300ちょっと見直したぜぃ。

U300でもradikoが普通に聴ける→その後制限されました

ただ、Galaxy SはGPSの測位性能が悪いためradiko起動時のエリア確認に失敗してそもそも再生を開始出来ないケースが頻発します。そんな時はGPS Statusなどで現在のGPS情報を一度確実に取得したうえでradikoを起動すると上手くいくようですが、それも結構時間を要するので微妙なところです。

追記 (2011/04/08)

…と書いた矢先、今日の夕方の移動中に20分間ほど途切れやすい状態に。しばらくするとまた普通に聴けるようになったんですが、やはり回線状態で不安定になることもあるようです。

追記 (2011/04/12)

その後、切断が頻繁で使い物にならない状態が続いています。この記事書いた時は災害対応の特別措置として日本通信がDL規制を緩和してただけなのかな…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。