日本HPのビジネスPC新モデルが気になる

昨日日本HPからビジネスPCの新モデルが発表されました。ここ数年はハズレが続いていたHPのビジネスノートですが、今回はなかなか魅力的なラインナップです。

現在自宅で使用しているPCは6年以上前に購入したビジネス用のスリムタワー『HP Compaq Business Desktop dx6100 ST/CT』。さすがに古くなって電源が不安定なうえ、個人で受ける仕事が増えてきて自宅の環境を外に持ち出せたら便利だろうなという思いもあって2,3年前からノート端末の購入を検討しているのですが、敬愛するHPのラインナップにはここ数年良い製品がなくって…。

しかし、今回は14型の『HP EliteBook 8460p Notebook PC』を始めとして魅力的な端末が登場。ノングレア液晶、ATIのGPU、5GHz帯対応の無線LANなどといった個人的な条件もクリアして最新のSandyBridge対応でUSB3.0ポートを備えている点も評価できます。また、筐体設計が従来モデルから大きく改善されてメンテナンス性が向上している点もGOOD。

8460pはHP Directplusで5月中旬から発売開始予定とのこと。購入に向けてGWに机の周りを少し片付けておこうと思います。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。