Curly Giraffe『Thank You For Being A Friend』

Thank You For Being A Friendわたしの好きなアーティストの一人であるCoccoがヴォーカリストとして参加しているCurly Giraffeの『Thank You For Being A Friend』。長いことAmazon.co.jpのウィッシュリストに入れたままにしてたんですが、このまま放置しておいて急に廃盤になっても困ると思いようやく購入しました。

Cocco以外にも木村カエラ、BONNIE PINK、LOVE PSYCHEDELICOなど最近の音楽に疎いわたしでも聞いたことのある女性アーティストがヴォーカリストとして多数参加。いずれも声や歌い方にクセのあるアーティストばかりですが、この作品では彼女たちの特徴は控えめで曲目と見比べて「あれ?さっきのがCocco?」「え?これ本当にBONNIE PINK?」と戸惑いました。あくまで主役はCurly Giraffeなのでゲスト・ヴォーカリストは控えめに…といったことかもしれませんが、わたしのように参加してる好きなアーティストを目当てに聴くとちょっと拍子抜けするかもしれません。楽曲はいずれもなかなか粒ぞろいで音楽作品としての聴き応えは十分ですけどね。


ちなみに、Curly Giraffeとは高桑圭なるベーシストによるソロプロジェクト…というのはこの記事を書くにあたって調べていて初めて知りました。これまでにも多くのミュージシャンのライブやレコーディングに参加しているほか独自の活動も展開しているそうです。

てっきり外人さんかと思ってました…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。