デノン『DPB-1611UD』のYouTube Leanback対応アップデート

DENON ユニバーサルブルーレイディスクプレーヤーDBP-1611UDK昨年末に発売され、速攻入手したデノンのユニバーサルプレーヤー『DBP-1611UD』のYouTube対応アップデートが本日公開されました。発売前からYouTube対応予定は謡われていましたがここに来てようやくの正式対応とありなりました。

YouTubeのHDコンテンツ(最大720p)の再生はもちろん、全画面表示も可能。また、今春Googleがリリースしたマウスやキーボードの無いテレビでの視聴に最適化されたUI「YouTube Leanback」にもしっかり対応してくるなど、リリースの遅れを挽回するには十分すぎる最新ファームウェアです。

110819_youtube - デノン『DPB-1611UD』のYouTube Leanback対応アップデート

一応、うちのテレビ『VIERA TH-L37D2』も単体でのYouTube再生が可能なのですが、こちらはLeanback非対応で720p動 画の再生もそもそも出来ませんのでHDコンテンツによる画質の比較は出来ませんでしたが、SDコンテンツで比べてみるとDBP-1611UDを使って再生した方が発色が良く好印象。また文字入力による動画検索などの一連の操作もLeanbackのUIは格段にやり易く、今後リビングでYouTube動画を視る際はこちらでの再生がメインになりそう。


Blu-Rayディスクを含むあらゆる光学ディスクを再生可能なユニバーサルプレーヤーでありながらネットワーク対応によりDLNAクライアント機能も装備。オーディオ専門メーカーの製品としてCDの再生品質などの基本機能に拘りながらも、安価な価格帯でリリースされて発売直後から品薄傾向が続いているDPB-1611UD。今回のYouTube対応であらためて人気に火がつくかもしれません。

追記 (11/08/20)

日本語での検索ってどうやるんだろう…?まぁ、日本の動画見る機会はほとんどないから別にいいんだけど。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。