ぷららモバイルに加入しました

10月よりぷららがNTTドコモのネットワークを借り受けてMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供を開始した下り最大1.5Mbpsの3Gモバイルデータ通信サービス『ぷららモバイル』に加入しました。4,5日中にSIMカードが送られてくるそうなので、週末には使用を開始できそうです。

これまでGalaxy S(SC-02B)用として約1年に渡り日本通信の『bモバイルSIM U300』を使ってきましたが、利用開始当初は良かったものの回線状態は日々悪化する一方で最近は3kbpsも出ないことも頻繁でテキストベースのウェブページの閲覧ですらままならないこともしばしば。おまけにAndroid端末の基本機能であるAndroidマーケットにまで規制がかけられた為、もはやメール送受信以外では使えない状況が常態化でさすがのわたしも我慢の限界。1月頭の期限切れを待たずしてぷららモバイルに乗り換えることを決断しました。


同様のドコモのMVNOによるデータ通信サービスとして、So-netも「So-net モバイル 3G」と称したサービスを同時期に開始しており、今回の乗り換えにあたってはそれぞれの特徴をじっくり吟味しました。

[ぷららモバイル]
最大通信速度: 1.5Mbps (ベストエフォート)
通信速度制限: なし

初回登録事務手数料: 3,990円
月額基本料金: 2,845円 + 7円 (ユニバーサルサービス料) + 210円 (ぷらコミ0)

契約条件: 2年間の継続契約 (更新なし)
契約解除料: 15,750円

[So-net モバイル 3G]
最大通信速度: 14Mbps (ベストエフォート)
通信速度制限: あり (3日間で192MBを超えた場合)

初回登録事務手数料: 3,150円
月額基本料金: 2,770円 + 7円 (ユニバーサルサービス料) + 210円 (モバイル会員)

契約条件: 2年間の継続契約 (自動更新)
契約解除料: 9,975円

使用状態や環境によって条件は異なるのでどちらが良いとは一概に言えませんが、わたしの場合はテザリングを使用することも想定しているのでSo-netは192MB制限が一番のネックでした。最大通信速度の差は一見大きいですが、これはあくまで理論値であって実際はSo-netでも1~2MB程度しか出ないと思われるのでそこは今回気にしませんでした。あと、So-netは2年縛りが自動更新されるため24ヶ月おきにしか解約料無しでやめることができないのに対し、ぷららは最初の24ヶ月を過ぎればいつでも解約料無しでやめることができる点も今回わたしがぷららに決めたポイント。今後、Xiなどのさらなる高速通信の普及が予想される中で2年おきにしか自由に退会できないというのはあまりに不安ですからね…。

来週からは快適なスマートフォンライフが送れそうです。

追記 (2011/11/02)

21時頃にSIMを出荷した旨のメールが届いてました。この調子なら金曜日には届きそうです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。