Galaxy S(SC-02B)でぷららモバイル

先日、10月よりぷららがNTTドコモのネットワークを借り受けてMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供を開始した下り最大1.5Mbpsの3Gモバイルデータ通信サービス『ぷららモバイル』への加入申し込みを行っていましたが、本日このサービスで使用するためのSIMカードと資料が到着しました。

111105_sagawa - Galaxy S(SC-02B)でぷららモバイル

佐川急便の封筒で送られてきた荷物の中身は『光ポータブル(PWR-100)』設定用の簡単な説明資料と解約時にSIMカードを返送するための返信用封筒、それに肝心要のSIMカード。こうしたサービスはある程度知識がある人向けのものという前提があるので、送られてくるものは必要最小限ですね。


111105_sim - Galaxy S(SC-02B)でぷららモバイル

送られてきたSIMカード。日本通信の『bモバイルSIM U300』もそうでしたが、ぷららモバイル用のSIMカードもドコモのFOMAカードそのまま。

それではさっそくSIMカードをGalaxy S(SC-02B)に挿して次とおり設定。

APN: 3g.nttplala.com
ユーザー名: (ぷららのユーザID)
パスワード: (ぷららの本パスワード)
認証タイプ: CHAP

認証タイプは「PAPまたはCHAP」ではなく「CHAP」にしないと繋がらないようなので要注意です。

無事につながったのを確認できたので、さっそくTuneInRadioでOTTAVAを視聴。U300では回線の細さと規制のためにまったく使い物にならなかったストリーミングがごく普通に聴けます!radikoも問題なし。やっほーい。もちろんU300で一番の問題だったAndroidマーケットにもスムーズに接続できました。

はやめにぷららへの乗り換えを決断して正解でした!

追記 (2011/11/05)

今日一日使ってみましたが、「ぷららモバイル」かなり良い感じです。福岡市とその周辺では一日を通して下り1.0~1.5Mbps程度。電波状況が劣悪な日中の博多駅でも700Kbps以上をキープしていました。

111105_speedtest - Galaxy S(SC-02B)でぷららモバイル

上りは場所や時間による変動は少なく、300~400kbps程度をコンスタントにマークしていました。

利用するエリアによって回線状況が大きく異なるので一概には言えませんが、なかなか安定したコストパフォーマンスの高いサービスと言えそうです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。