ドコモのN-06Aに機種変更しました(嫁が)

うちの嫁は機械に疎いこともあり携帯は「電話とメールとカメラが使えれば十分」と言ってスマートフォンに変える気は微塵もないのですが、最近は各メーカーともスマートフォンに注力しているため従来のようなフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)はもはや風前の灯。docomo STYLE series『N-06B』を1年半近く使ってきてカメラの画質が悪い点以外特に不満はなかったようなのですが、これから先魅力的な新機種の登場は期待できないうえ、悠長に構えているとフィーチャーフォンそのものが市場から消えてしまうことも考えられるのでこの機に機種変更させることにしました。


これまで使っていたN-06Bは昨年発売された機種ですが、廉価なSTYLEシリーズに属する製品ということもありテレビ電話用のインカメラやおさいふケータイは非搭載。これらは基本、電話とメールとカメラしか使わないうちの嫁には無用の長物なのでそれはそれで良かったのですが、メインカメラが500万画素しかなくノイズも酷いのでこれで撮影した子供の写真がプリントに耐えれない点だけが課題でした。そこで比較的安価でカメラの画質が良さそうなもの…という条件でドコモのオンラインショップを物色していて見つけたのがdocomo PRIME series『N-06A』。N-06Aは2009年発売ながら最上位のPRIMEシリーズということもあり、メインカメラの画質は800万画素とN-06Bよりも上。当然、インカメラやおさいふケータイ、ワンセグも搭載したいわゆる”全部入り”モデルでさらには無線LAN(WiFi)まで搭載した当時のフラッグシップモデル。当初は5,6万円で売られていたこの機種ですが、販売開始直後にiモードの不具合が判明して躓いたり、無線LAN機能を活かして法人向けに内線用端末として売り出すべく過剰生産してしまったそうで相当在庫がだぶついているせいもあり現在オンラインショップでの販売価格は1万円以下。端末のデザインもシンプルでうちの嫁も気に入ったようなので、希望を受けてシルバーを購入しました。

111109_N-06Abox ドコモのN-06Aに機種変更しました(嫁が)

さっそく充電を行ったあと、ドコモのHPで配布されている「ドコモケータイdatalink」を使ってN-06BからN-06Aへアドレス帳やメール、写真などを転送して嫁に引渡し。N-06Bに比べると厚みが増した点が若干気になるようではありましたが、やはり新しい機種ということで嬉々としてイロイロと触っていました。

ドコモのN-06Aに機種変更しました(嫁が)

せっかくの無線LAN搭載モデルということで自宅のひかり電話の子機にすることを予定してますでが、これはまた後日。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。