nasne発売に向けてアンテナの配線見直し

日本アンテナ 屋内用CS・BS対応2分配器 全電通タイプ DC専用 CD-2P-SP現在わたしが住んでいる建物(賃貸)は地デジ対策として一昨年にJ:COMのアンテナ線が引き込み工事が行われ、もともと屋上に設置してあったBS/CSアンテナの電波と混合したうえで各戸に分配されています。

J:COMから送られてくる地上波にはFM波も含まれているためデノンのAVアンプ『AVR-3311』に接続することでノイズを気にせずFM放送を聴くことが出来て便利なのですが、同じローボードに設置しているテレビ『VIERA TH-L37D2』を含めた2台でリビングの壁にある2つのアンテナ端子を占有している状態。このため先日購入したUNIDEN(ユニデン)のデジタルハイビジョンチューナー『DTH310R』を録画用にリビングで使用する場合、わざわざアンテナ線を繋ぎ変える必要があるほか、来月には予約済みのデジタルレコーダ兼ネットワークHDD『nasne (ナスネ)』(CECH-ZNR1J)もやってくるので今のうちにアンテナの配線を見直す必要があると判断して日本アンテナ製の2分配器『CD-2P-SP』を購入しました。

『CD-2P-SP』はダイキャストボディで全通電型の分配器。うちは共用アンテナなので現状全通電である必要は無いのですが、数年のうちに引っ越しも考えていますので先々使いまわしが効くようこちらを選択しました。


2つあるアンテナ端子のうちテレビに接続した一方は他のケーブルとともにモールの中を通していてそれを外すのはあまりに面倒なので、もう一方をうまく遣り繰り。nasneは混合波を入力する必要があるので壁のアンテナ端子から伸ばした線を直接入力し、内蔵の分配器から出力されたものを分波。BS/CSは直接DTH310Rに入力し、FMを含む地上波のみ今回購入した『CD-2P-SP』で分配してアンプとDTH310Rとに振り分けることで損失を最小限に抑えるよう配線計画を行っていつでもnasneが到着しても良いよう準備を整えておきました。

120611_antena - nasne発売に向けてアンテナの配線見直し

まぁ、nasneが来たらDTH310Rをリビングで使うことはないと思うんですけどね。(苦笑)

ちなみに…地デジ化に伴うBS/CS内蔵テレビの増加に伴いテレビ背面にある2つのアンテナ端子に接続するために分波器ではなく分配器を使用するなど用途を誤ってご使用になっているご家庭が多いようです。大半のケースではそれでも映るとは思いますが分配器を使用することで無駄に信号が減衰してブロックノイズの発生要因となっているケースが多いので、テレビの映りが気になる方は是非一度配線を確認してみて下さい。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。