Galaxy Nexus(SC-04D)のバックアップ手順

Galaxy Nexus(SC-04D)にGoogle純正の国際版ROMを導入するために必要となる準備を先日ご紹介しましたが、ここでは純正ROM導入後に何らかの理由でドコモ版ROMに戻す必要が生じた場合に備えてROM全体のバックアップを作成しておくことにしましょう。

なお、Google純正ROMに添付されている通信設定ファイルradio.imgはドコモ独自のFOMAプラスエリアに繋がらないことがある(?)ようなので今回は念のためradio.imgもあわせてバックアップしておくことにします。

お約束ですが参考にされる場合はあくまで自己責任でお願いします。(フォローやサポートは致しかねます)

準備

Galaxy Nexus(SC-04D)を遊び尽くすための準備」を参考にCWM(ClockWorkMod)が起動できる環境を整えておいて下さい。

ROMのバックアップ

最初にGalaxy Nexus(SC-04D)の電源を落とした状態からボリュームアップとボリュームダウンの双方を押したまま電源ボタンを長押し。ドロイド君がお腹を開けて寝転がったイメージが描かれたfastbootモード画面が表示されたことを確認したら付属のUSBケーブルを用いてPCと接続します。

続けてCWM Recoveryのイメージを置いたフォルダ配下でコマンドが叩けるようコマンドプロンプトを準備します。

【Windows 7, Vistaの場合】
・「Fastboot」フォルダを開く
・SHIFT+右クリックで表示されるコンテキストメニューより「コマンドウィンドウをここで開く」選択

【Windows XPの場合】
・[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンド プロンプト]を選択
・cdコマンドで「Fastboot」フォルダまで移動する

コマンドプロンプトが準備できたら「fastboot boot recovery-clockwork-5.5.0.2-maguro.img」(ご使用のCWM Recoveryのimgファイルにファイル名はあわせてください)と入力してEnterを叩くとGalaxy Nexus(SC-04D)の画面が一瞬暗転し、CWM(ClockWorkMod) Recoveryが起動します。

fastboot boot recovery-clockwork-5.5.0.2-maguro.img

120709_cwmboot - Galaxy Nexus(SC-04D)のバックアップ手順

120709_cwm - Galaxy Nexus(SC-04D)のバックアップ手順

そのままバックアップを開始しても良いのですが残しておくバックアップは出来る限りクリーンな状態の方が後々面倒なことにならなくて済むのと、Bootloaderアンロックによる端末初期化の直後の状態からであっても稀に「can’t mount backup path」とメッセージが表示されてバックアップに失敗することがあるようなので念のためにCWM Recoveryから端末を初期化しておきましょう。ボリュームキーで”上下移動”、電源ボタンで”決定”の要領でメニューから[wipe data/factory reset]を選択すると初期化が実行されます。

続けてCWMメニューから [backup and restore]-[backup] を選択するとバックアップが始まるのでしばし待機。「Backup Complete!」のメッセージが表示されたのを確認したら[reboot system now]で端末を再起動させます。

端末が再起動すると先ほど初期化を実行したためGalaxy Nexus(SC-04D)には初期設定画面が表示されているはずですが、この状態でもUSBケーブルでPCと接続されていれば[コンピュータ](Windows 7, Vistaの場合)あるいは[マイ コンピュタ](Windows XPの場合)の配下に「Galaxy Nexus」が認識されているはずなので、それを開いて「内蔵ストレージ」直下にバックアップファイルを収めた「clockworkmod」フォルダが出来ていることを確認。フォルダごとPCにコピーするなどして保管しておきましょう。

radio.imgのバックアップ

続けて必要に応じradio.imgのバックアップも行っておきましょう。これを実行するにはroot権限が必要なのでまずはrootの奪取から。

こちらから「CWM-SuperSU-vX.XX.zip」「UPDATE-SuperSU-vX.XX.zip」(X.XXは配布中のバージョンに読み替えてください)ファイルをダウンロードし、Galaxy Nexus(SC-04D)の内蔵ストレージ直下(/sdcard 配下)にコピーしておきます。

Galaxy Nexus(SC-04D)の電源を落とし、ボリュームアップとボリュームダウンの双方を押したまま電源ボタンを長押してfastbootモードへ移行。USBケーブルがきちんと接続されていることを確認したらコマンドプロンプトから「fastboot boot recovery-clockwork-5.5.0.2-maguro.img」(ご使用のCWM Recoveryのimgファイルにファイル名はあわせてください)を実行してCWM Recoveryを起動させます。

fastboot boot recovery-clockwork-5.5.0.2-maguro.img

メニューから [install zip from sdcard]-[choose zip from sdcard]-[su.zip]-[Yes-CWM-SuperSU-vX.XX.zip]と辿り、「Install from sdcard complete.」が表示されたらroot化は完了。

再起動後、Galaxy Nexus(SC-04D)のアカウント設定を済ませたらアプリ一覧の中に「SuperSU」が追加されていることを確認できたらようやくradio.imgの抜き出しを実施していきます。

USBケーブルを挿したままであればこれを一旦抜いて、メニューより[設定]-[開発者向けオプション]-[USBデバッグ]を”ON”にし、改めてPCとUSBケーブルを接続し直します。

PC側でコマンドプロンプトを開いたらadb shellを起動。「shell@android:/ $」という入力待ちになったら「su」でスーパーユーザ権限へ。入力待ちが「shell@android:/ #」に変わったのを確認してから下記「dd」コマンドを実行するとradio.imgがバックアップされます。

C:¥> adb shell
shell@android:/ $ su
shell@android:/ # dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.0/by-name/radio bs=4096 of=/mnt/sdcard/radio.img

バックアップが完了したら[コンピュータ](Windows 7, Vistaの場合)あるいは[マイ コンピュタ](Windows XPの場合)配下に認識されている「Galaxy Nexus」の「内蔵ストレージ」直下にradio.imgが出来ていることを確認。こちらもPCにコピーするなどして保管しておきましょう。

以上。

追記 (2013/05/24)

本文の校正と「radio.img」バックアップ時のroot取得の記載を追記しました。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。