新型アテンザ試乗。見た目はいいが刺激が足りない。

新型アテンザを試乗してきました。

先日自宅近くのマツダ店から連絡があって試乗車が用意できた旨の連絡があったのですが、試乗希望がすごく多いそうなので予約をしてもらったうえでの試乗です。店頭にはディーゼルとガソリンの2台が試乗車として用意されており今回は2.0Lガソリン車に乗ってきました。

250万円からという価格帯を考えれば外観・内装ともに素晴らしい車でわたしと同様に早くから興味を抱いている人が多い新型アテンザですが、はじめてのフルスカイアクティブ採用車ということで走りに関しては正直未知数。安いマツダ車の回らないエンジンというイメージを多少引きずりなら今回最下位グレードの2.0Lガソリン車に試乗したのですが、いい意味で期待を裏切るいい感じのエンジンでした。

スポーツ走行向きの足さばきに慣れているせいかペダルの配置がいまひとつしっくり来ずアクセルからブレーキに踏みかえ辛かったのは減点ポイントですが、それ以外は多少の立ち上がりの鈍さと回転数が上がったときにエンジン音が少し気になったくらいでトータルで見ればなかなかいい車だと思います。

ただ…何か物足りない感じも少し覚えました。表現が難しいのですが、見た目の割に走りが静かで安定しすぎているせいか刺激が足りない印象。30代で乗る車じゃないかなといった感じが正直なところ。うーん、どうしたもんかなぁ。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。