インプレッサ G4のスマートキー

日曜の夕方に納車されたばかりでまだゆっくりハンドルを握る時間のないインプレッサ G4。慣れない車で夜中に走るのもどうかと思い平日仕事から帰った後に運転するのは控えていましたが、今週末は特に予定もないし天気も良さそうなので神社へ交通安全のお祓いに行くついでに近場を走らせてみようと考えています。

さて、そんな我が家のG4ですがメーカーオプションの「キーレスアクセス&プッシュスタート」を装着しているので、納車時に渡されたのは物理的な鍵を備えたものではなく専用のスマートキー(インテリジェントキー)になります。

130412_smartkey - インプレッサ G4のスマートキー

スマートキーをバッグやポケットの中に入れたままドアロックを施錠・解錠したり、ボタンを押すたけでエンジンをかけることが出来るうえ電子照合による自動車盗難防止システムとしての役目も備えていているこの装備ですが、電波を発するというその仕組上スマートキーの電池は1年半程しか持たない模様。


もし、電池が切れてしまった場合は内蔵されているメカニカルキーを取り出して運転席のドアを開け、盗難防止の警報が鳴る中急いでスマートキーを始動ボタンに近づけて微弱電力で認証させてエンジンをかける…といった操作が必要になります。近くにディーラーや電気店があればすぐに交換用電池が入手できるのでしょうが、そうでない場合は車に乗り込もうとする度に警報が鳴り響くことになり相当近所迷惑になりそうなのであらかじめ予備を用意しておこうと思い電池の種類と交換手順の確認のためスマートキーの中身を覗いてみました。

スマートキー側面にあるゴム部分を押さえながらメカニカルキーを抜き、マイナスドライバーの先を使ってそこからカバーをこじ開けていくだけ。

130412_cr1632 - インプレッサ G4のスマートキー

最悪マイナスドライバーが無くても抜き出したメカニカルキーの先っぽでも代用は効くので、電池だけなんとか入手できれば外出先でも交換作業は可能です。

使用されていたボタン電池はCR1632。比較的入手しやすい電池ではありますが、いつ訪れるか分からない電池切れに備えて自宅と車の中に1つづつ常備しておこうと思います。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。