TechNetサブスクリプションの有効期間が90日間延長

7月に突如発表されたマイクロソフトの会員制による評価版・β版ダウンロードサービス「TechNet サブスクリプション」のサービス終了。

個人や小規模な企業にとっては非常にありがたいサービスでしたが、唯一代替となりうる「MSDNサブスクリプション」が非常に高価なことから対応に困惑するユーザが多かったようで現在契約中のTechNet サブスクリプションの有効期間を90日間延長する救済措置が急遽発表され、わたしのもとにもメールにて案内が送られてきました。

お客様の TechNet サブスクリプションの有効期間が 90 日間延長されました。

2013 年 7 月 1 日、Microsoft は TechNet サブスクリプション プログラムの提供終了を発表しました。それ以降、今回の変更に関して IT プロフェッショナル コミュニティをどのようにサポートできるかについて、お客様からのフィードバックを参考にさせていただきました。

・2013 年 9 月 1 日の時点で有効なアカウントをお持ちの対象となるサブスクリプション会員の方については、無償でサブスクリプションを 90 日間延長 (1 回のみ) させていただきます。延長された契約期間が終了するまで、製品のダウンロード、テクニカル サポート インシデント* および TechNet フォーラムでの優先サポートをご利用いただけます。詳しくは、TechNet サブスクリプション特典ポータルのアカウント ページをご覧ください。
・TechNet サブスクリプション会員のお客様に Microsoft の提供する無償の評価用リソースを活用していただくために、Microsoft では TechNet Evaluation Center から評価用として旧バージョンの製品をご利用いただけるようにしました。Windows 7、Windows Server 2008 R2、およびその他の製品をご利用いただけます。今後も、ご利用いただける製品は追加される予定です。
貴重なご意見をお寄せいただき心より感謝いたします。お客様のビジネス ニーズとキャリアの目標の達成役立てるよう、今後も無償評価版、ラーニング、およびサポート用リソースの充実を図っていきます。

– TechNet サブスクリプション チーム

現在契約中のサービスは当初12月までの予定でしたが3月半ばまで延長されひとまず安心です。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。