『AQUOS PHONE st SH-07D』を入手

現在ドコモのオンラインショップで行われている旧機種の在庫処分セールで『AQUOS PHONE st SH-07D』を入手しました。

Xiの通話プランが割高なことから未だ需要の高いFOMA端末であることに加え、価格も3,150円と格安だったので熾烈な争奪戦必至と覚悟していましたが、今回のセールでは販売される機種が多くて転売屋さんの注文も分散しているのか普通に購入することが出来ました。

140313_SH-07D_box  AQUOS PHONE st SH-07D を入手

SH-07Dは2012年夏モデルとして発売されたシャープ製端末で大画面化により大型化が進む潮流の中にあっては稀なコンパクトサイズのスマートフォン。通話用とデータ通信用の携帯端末「2台持ち」運用をしているわたしにとって通話用の端末はバックグラウンドでの電話帳同期と受発信さえ出来れば十分なので、性能よりも携帯性にフィーチャーしたこの手の端末は最適な存在。片手にすっぽり収まるサイズ感でMVNO SIMを入れたメイン端末と一緒に持ち歩いてもそれほど嵩張りません。


140313_SH-07D_hand  AQUOS PHONE st SH-07D を入手

『Galaxy S(SC-02B)』と比べても一回り以上小さいです。

140313_SH-07D_SC-02B  AQUOS PHONE st SH-07D を入手

これだけ小さいにもかかわらずQi規格に準拠したワイヤレス充電に対応しており、『ワイヤレスチャージャー SH02』が付属。

140313_SH-07D_charger  AQUOS PHONE st SH-07D を入手

現在うちの嫁が使っている富士通製端末『F-03D Girls’』に付属していた『ワイヤレスチャージャー F01』は「シュンシュンシュン」といういう耳障りな高周波ノイズが酷くて実用に耐えうる製品ではなかったためほとんど使用することなく早々に廃棄してしまいましたが、こちらはそのような不具合も見られずなかなか良い感じ。現在データ通信用に利用している『Nexus 5』もQiに対応しているので、今後本格的にワイヤレス充電を活用してみようと思います。

今回購入したSH-07Dと同じように小型軽量を特徴としたパナソニック製『P-01D』を過去に所有していたことがありますが、その小ささゆえ迂闊にもシーンズのポケットに入れたまま洗濯機にかけて壊してしまったという悲しい経験があるので同じことを繰り返さないよう気をつけなきゃ!

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。