『Chromecast』がやってきた!

Google Chromecast ( クロームキャスト )  Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16遂に国内販売の始まったGoogleのメディア ストリーミング端末『Chromecast』。

発売開始直後には大手家電量販店の店頭に並んでいたようですし、Amazon.co.jpで注文しておけばその日のうちに受け取れていたはずなのですが、本家Google Playでオーダーしたわたしの手元には皆さんより4日も遅く到着。これからの購入を検討中で少しでも早く届けて欲しいという方にはAmazon.co.jpのご利用をオススメします…。

さて。そんなこんなでようやく手にしたChromecast。かなり出遅れた感はありますが、メモがてら開梱からセットアップまでの手順を残しておくことにします。

まずは商品パッケージから。

140602_package - 『Chromecast』がやってきた!

約12cm四方とコンパクトな外装はGoogleが販売する従来のNexusシリーズのスマートフォンやタブレットとは異なり、店頭での陳列を意識したパッケージデザイン。記載された商品説明もしっかり日本語化されています。


140602_bundle - 『Chromecast』がやってきた!

パッケージの中身はChromecast本体と給電用ACアダプタ及びHDMI延長コードの3点のみ。商品の説明に関してはパッケージの内側に「スタートガイド」と称した簡単な記述があるのみでマニュアルなどの冊子類は一切含まれておりません。

さっそくChromecastをテレビのHDMIポートに指して給電用のUSBケーブルを接続。給電用のUSBは付属のACアダプタを使用するほか、テレビ本体のUSBポートからの供給でも問題ないようです。ただし、頻繁なON/OFFはChromecastに負担をかけてしまいそうなのでテレビのUSB端子を利用する場合は常時給電に対応したポートを備えている場合に限っての利用をオススメします。

接続を終えテレビの入力を該当するHDMIに切り替えるとセットアップを促す画面が表示されます。

140602_setup_start - 『Chromecast』がやってきた!

手元に用意したAndroidスマートフォンかタブレットから画面の指示に沿ってURLにアクセスするかGoogle Playアプリで直接検索するなどして専用アプリ「Chromecast」をインストール。これを起動すると周辺にあるセットアップ待ちのChromecastを探してくれます。

140602_setup_search - 『Chromecast』がやってきた!

付近に複数のChromecastが存在する場合などに対象を一意にするためアプリ側に表示された4桁のコードがセットアップ中のChromecastを接続したテレビにも表示されていることを確認して先に進めます。

140602_setup_codecheck - 『Chromecast』がやってきた!

次に名称の設定。

140602_setup_name - 『Chromecast』がやってきた!

同一ネットワーク内で複数のChromecastを利用する場合などに、どのChromecastに対してキャストを行うか判別しやすくするために名称の設定を行います。ここは自分で判別のつく名前であれば何でもかまいません。

続けてChromecastを自宅のネットワークに参加させるためのWiFi設定を行います。

140602_setup_wifi - 『Chromecast』がやってきた!

WiFiの設定が完了してChromecastが外部のネットワークにアクセス出来るようになるとChromecastのファームウェアを最新化するための更新処理が始まります。これは回線の状況にもよりますが、うちの場合は3分ほどかかりました。

140602_setup_update - 『Chromecast』がやってきた!
140602_setup_update - 『Chromecast』がやってきた!

更新が済むとChromecastが自動で再起動を行い、セットアップ完了が表示されます。

140602_setup_end - 『Chromecast』がやってきた!

無事に準備が整ったらあとは自分次第で楽しみ方イロイロ。これまで個々人で楽しむほかなかったYouTubeやPlayムービーの動画をリビングの大画面テレビにキャストしてみんなで楽しめるようになるほか、PC上でChromeに「Google Cast」プラグインを導入すればブラウザ上の表示をミラーリングさせることが可能となるのでChromecastに対応したアプリを持たない動画サイトだったりGoogle Mapsの詳細な地図などはこちらを通してテレビに写すことが出来ます。

いまのところ対応アプリが限られているため更なる拡充が待たれるところですが、先んじて対応を済ませているサードパーティ製アプリも続々出てきており今後の展開が楽しみです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。