IKEAのペンダントライト『KNAPPA』を取り付けてみた

最後まで照明の決まっていなかったゲストルーム兼嫁の趣味の部屋にIKEAのペンダントライト『KNAPPA』を取り付けました。

大胆な花柄の北欧風クロスを採用しているだけにこれに見合うお洒落なペンダントライトを取り付けたいという嫁の希望で引渡し前から様々な商品をチェックしていたものの、「これぞ」というアイテムが見つからず引渡しから1ヶ月以上を経てなおこの部屋だけ灯りのない状態だったのですが、散歩がてら見に行った近所のIKEAで見つけたこの商品が嫁のツボにハマった模様。

比較的大ぶりなのでそれほど広くもない部屋に設置するのはどうだろうか…と思いましたが、価格が3,000円ほどと格安なこともあり一旦取り付けてみて気に入らなければまた新しいのを探せせばいいさと軽い気持ちで買ってみたのですが、実際設置してみると案外良い感じでした。

140716_knappa - IKEAのペンダントライト『KNAPPA』を取り付けてみた

…組立は少し面倒でしたけど。(苦笑)


この値段にしてペンダントソケットまで付属しているので、別途用意する必要があるのは電球だけ。安価な中国製LED電球もIKEAで売られているのですが、あの手の製品は回路が粗悪でテレビやラジオ、無線などへの電波障害を引き起こす可能性が高いので先日ダイニングに取り付けたペンダントライト『Norden』にも使用しているPanasonicの全方向タイプの電球色LED『LDA10LGZ60W』をリピ買いしました。

140716_LDA10LGZ60W - IKEAのペンダントライト『KNAPPA』を取り付けてみた

電球色にするか昼白色にするかで少し悩んだのですが、柄々のクロスを貼っているので昼白色だと夜間も落ち着けかないだろうと思う電球色をチョイスしましたが正解でした。狭い部屋なので明るさもこれひとつで十分な感じです。

ちなみに…乳白色のポリプロピレン(?)素材で光源を覆ったKNAPPAは間接的な灯りを照らすムードランプだけに、40~60W程度のふんわりした明るさの下で利用するのが一番しっくりきます。従来の白熱電球で60Wまで対応する製品なので、電球型蛍光灯やLED電球であれば100W相当品も利用可能とは思いますが商品のコンセプト上避けた方が無難です。外見を気に入って子供部屋に設置される方も多いと思いますが、その場合には昼白/昼光色の電球を用い明るさが不足する場合には『LK04083WK』のようなダクトレールを用いて多灯使いにするなどすると良い感じになると思います。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。