Nexus Playerがやって来た

Googleストアでの取扱開始にあわせて注文しておいたAndroidTV端末『Nexus Player』と『Nexus Player 用ゲームパッド』が到着しました。

これまでにGoogleから購入した『Nexus 5』『Chromecast』などと同様に今回も荷物は香港からの発送。ヤマトの国際宅急便で送られてくるのですが、心配された羽田クロノゲートでの荷物の滞留時間は短く注文から着荷までに3日とかかりませんでした。なお、荷物に貼られた伝票には相変わらず日本語で登録された住所を無理矢理英語に直訳したもの(町域名が”山田”だったら”Mountain Rice field”みたいな感じになってる)が記載されているので配達の人は少々戸惑い気味…。でも、郵便番号と番地が正しければなんとかなるみたいです(苦笑)。

なにはともあれ無事に到着した『Nexus Player』と『Nexus Player 用ゲームパッド』の2点。

150317_box1 - Nexus Playerがやって来た

子供が寝静まったのを見計らって『Nexus Player』本体から開梱。


150317_box2 - Nexus Playerがやって来た

『Nexus Player』はソフトバンク系のY!mobileが先行して国内販売を開始しており開封の儀やハードウェアの外観レポートは出尽くしている感もありますのでここでは記念の写真だけ。

150317_box3 - Nexus Playerがやって来た

150317_box4 - Nexus Playerがやって来た

150317_remocon - Nexus Playerがやって来た

Nexus Playerとテレビの接続はHDMI。ケーブルは付属していないので手持ちの物で繋ぎ、付属のACアダプタをコンセントに挿したらセットアップ手順が画面に表示されます。最初はリモコンの「ホーム」と「戻る」の両ボタンを同時押しして本体とのペアリングを実施します。

150317_setup01 - Nexus Playerがやって来た

言語選択画面が表示されたらリモコン操作で日本語を選択。

150317_setup02 - Nexus Playerがやって来た

次に無線LAN設定。表示されたリストの中から自宅のSSIDを選択するか、SSIDステルスを有効にしている場合などは「他のネットワーク」よりSSIDとパスワードをリモコンで入力していきます。

150317_setup03 - Nexus Playerがやって来た

Nexus PlayerはIEEE802.11acも対応しているので、うちは5GHz帯の11acで接続するよう設定しておきました。

続けてGoogleアカウントの設定。Chromecastと異なり、Nexus PlayerはGoogleアカウントとの紐付けが必要になります。アカウント登録の方法として「携帯端末またはノートパソコンを使用」と「パスワードの使用」の2通りから選択が迫られましたのでここでは前者を選択。

150317_setup04 - Nexus Playerがやって来た

150317_setup05 - Nexus Playerがやって来た

画面に従ってスマートフォンのブラウザでg.co/AndroidTVにアクセスし、表示されている番号を入力します。

150317_phone01 - Nexus Playerがやって来た

150317_phone02 - Nexus Playerがやって来た

Nexus Playerで利用したいGoogleアカウントのログイン情報を入力。

150317_phone03 - Nexus Playerがやって来た

150317_phone04 - Nexus Playerがやって来た

ログインが正常に行われると、TV画面には「端末は接続済み」と表示されます。

150317_setup06 - Nexus Playerがやって来た

利用規約の同意を求められたら「次へ」。

150317_setup07 - Nexus Playerがやって来た

Nexus Playerへインストールするアプリに現在位置情報の使用を許可するかを尋ねられたら「はい」か「いいえ」を任意で選択。

150317_setup08 - Nexus Playerがやって来た

「設定が完了しました」と表示されれば、Nexus Playerの初期設定は完了です。

150317_setup09 - Nexus Playerがやって来た

ほどなくNexus Playerのホーム画面が表示されます。

150317_setup10 - Nexus Playerがやって来た

マニュアルなど読まずとも直感で操作出来ちゃうのはユニバーサルデザインに秀でた欧米メーカーならではですね。

なお、『Chromecast』との違いがよく分からないという方もいらっしゃるかと思いますが、一番の違いは独立した動作が可能かどうかという点。Chromecastは他のAndroid端末から指示されたコンテンツを再生するだけでしたが、Nexus Playerはそれ自身にアプリをインストールすることも可能なひとつのAndroid端末として機能します。

現状では対応アプリが少ないものの、今後の展開次第では据置のゲーム機や各種プレーヤーを駆逐する可能性もあると個人的に期待してます。

ゲームパッドについてはまた後ほど。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。