Panasonic『かってにナイトライト(WTF4065W)』を取付

我が家の階段から2階廊下にかけての照明のスイッチは階段の登り口と2階廊下の突き当りにあるため、階段上がってすぐの書斎・クローゼットに出入りする際は一旦奥まで行って照明をON/OFFする必要があります。たかだか数歩の距離ではありますが、電気を消して真っ暗になった廊下を視力の悪いわたしが手探りで歩かなければならないことに若干不便を感じていたので廊下のコンセントを足元灯内蔵のものに取り替えることにしました。

用意したのはPanasonicの『かってにナイトライト(WTF4065W)』。周囲が暗くなった時に人の往来を検知して点灯する人感センサー式のナイトライトで既設のコンセントと交換する形で設置するため出っ張りが無く邪魔にならないのが一番の魅力。コンセントの口も1つ用意されているので使い勝手が悪くなることはありませんし、センサーの検知範囲から人が居なくなると15秒後に自動消灯するため消し忘れの心配もありません。

取付は簡単。ブレーカーを落としたら既存コンセントのカバーを外してコンセントを取り出し、VVFケーブルの先をWTF4065Wに挿し替えるだけ。

150714_change - Panasonic『かってにナイトライト(WTF4065W)』を取付

しっかり接続出来たことを確認出来たら逆の手順で壁に固定、カバーは既存のものがそのまま利用可能です。取付後ブレーカーを上げると周囲の明るさに関係なく20秒程度点灯するのでそれを見て問題なく接続出来ていることを確認。


夕方以降廊下が暗くなってから実際に使い勝手を確認してみましたが、足下を照らすには十分な光量が確保されておりなかなか良い感じ。

150714_after - Panasonic『かってにナイトライト(WTF4065W)』を取付

LEDの明かりがフローリングで反射し廊下全体をほのかに明るくしてくれるので安心です。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。