インプレッサの天井静音化は効果覿面

以前行ったインプレッサ G4の後部座席下の遮音に続く静音化第二弾として天井(ルーフ)部分に手を入れてみました。

効果抜群の天井静音化

インプレッサ(GJ/GP)に限った話しではありませんが、最近の車は軽量化とコスト削減のため天井パネルに薄い鋼鈑を用いるケースがほとんど。このため、走行中の振動やロードノイズによる共振で車内が騒々しくなりがちなうえ、降雨時には雨粒がバタバタとルーフを叩く音も耳障りなのでこれらの改善を図ります。

用意したのは前回も利用した制振材のレジェトレックスとエーモンの『音楽計画 フロア用吸音材』。後者はいわゆるシンサレートってやつです。

作業にあたっては車内天井の内張りを外さなければなりませんが、全体を外してしまうと作業はしやすいものの一人で元に戻すのが大変なので、今回は施工を予定している後ろ半分だけ内張りを捲れるようにします。Cピラーを覆うカバーと左右のアシストグリップ、天井後端にある3箇所のクリップを外しドア開口部のゴムのモールから内張りの端を引き出せば片手が入るほどの隙間が生まれます。(過程の写真を撮っておくのをすっかり忘れてました…。)


あらかじめ20cm四方ほどの大きさにカットしておいたレジェトレックス数枚を天井パネル側に貼り、シンサレートは内張りで挟み込むようにして内張りを元に戻します。なお、Cピラーも金属部がよく響きそうな感じだったのでここにも余ったレジェトレックスを貼っておきました。

施工後は荒れた路面を走行中のロードノイズや雨粒が天井を叩く音が大幅に抑制されストレスが大幅減。その分、風切り音やガラス面を打つ雨音が若干耳につくようになりますが、それでも後部座席に座る人との会話は以前とは比べ物にならないほどスムーズで効果の程をはっきり実感することが出来ます。

同時にシンサレートを用いたことで断熱性も多少高まっているはずなので、夏・冬にはエアコンの効きも良くなるのではないかと思われます。

静音化を目的とした車弄りにおいてここまで費用対効果の高いDIYは他に無いでしょう。

代償と注意

素晴らしい成果を上げた今回の静音化作業ですが、実は途中でアシストグリップ(手すり)のカバーを破損するという痛い失敗をしてしまいました。

インプレッサのアシストグリップは根本のプラスチック製カバー内側に付いたクリップが内部で金属パーツを押し広げることによりボディ側に固定されているのですが、このカバーを取り外そうとして破損…。

161001_broken - インプレッサの天井静音化は効果覿面

このままではアシストグリップが簡単に抜け落ちてしまうのでやむなく部品を取り寄せるハメになりました。

カバーなんてせいぜい数百円程度だろうと思っていたのですが、生憎カバーだけの販売は無いらしくアシストグリップを丸ごと購入しなければならず価格は3,564円。

161001_assistgrip - インプレッサの天井静音化は効果覿面

覚悟していたほど高くはありませんでしたが、無駄な出費を避けたい皆さんはご注意を。

注意といえばもう一点。天井内張りにはグラスウールが使用されているようなので、同様の作業を行う際は長袖+手袋着用での作業をオススメします。それに気付かず素手で作業してしまったわたしは、丸一日右手のチクチクに悩まされました(苦笑)。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。