オトナシートでトランクルーム回りを静音化

日本特殊塗料 防音一番オトナシート(5枚入り)先日来少しづつ施工を行っているインプレッサ G4の静音化作業。

先にリアシート裏及びリアの天井面に施した制振・吸音材のおかげで雨天時や通常路面での不快な騒音は随分軽減されましたが、高速走行中の激しいロードノイズには焼け石に水。しかし、違いを実感出来ない僅か0.1db未満の改善であっても長時間の運転では疲労やストレスの蓄積の度合いが違ってくるはず…と信じて作業を継続。今回はトランクルーム周辺への施工を行ってみました。

リアシート裏や天井裏はまず持って目に触れることが無いので制振材としてレジェトレックスを利用しましたが、トランク内はマットを捲ったり下から覗き込んだりすれば目に触れる場所でもあるので目立ちにくい『オトナシート』を主に利用。

161011_otonasheet - オトナシートでトランクルーム回りを静音化


レジェトレックスとオトナシートを比較すると制振効果だけ見ればレジェトレックスの方が確実に優れていますが、アスファル系のオトナシートはそれ自体がある程度の防音性を持っているので吸音材の併用が困難な場所や面を覆うように広範に貼付出来る場合などにオトナシートは重宝します。

まずはトランクルームの内装を取り払ってスペアタイヤ収納部の底と側面にペタっと。

161011_sparetire - オトナシートでトランクルーム回りを静音化

ボディ側面及び後輪タイヤハウスの内側にあたる部分にも。

161011_side - オトナシートでトランクルーム回りを静音化

トランクの天井面も金属パーツが剥き出しなのでボルト類に干渉しない程度にカットして貼付けておきました。

161011_trunktop - オトナシートでトランクルーム回りを静音化

オトナシートは粘着力がそれほど強くないので自重や走行中の振動で剥がれないようしっかり圧着。

5枚全て貼り終えてから少し車を走らせてみましたが、やはり即座に実感出来るほどの成果はありません。しかし、車内に伝わるロードノイズの周波数帯が幾分低くなったようで後部座席の会話は聞きとりやすくなった気がします。

なお、トランクを弄ったついでにトランクリッド(トランクドア)の内装裏にも制振材を施工。天面を打つ雨音とナンバープレート周りのビビリ音対策としてレジェトレックスとオトナシートの残りを適当に貼っておいたのですが、これによりトランクの開閉音が従来の「バイ~ン」から「ボフっ」という重厚感のある音に変わり高級感が増したように感じます。静音化に興味がない方も、これはやってみると良いかも…です。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。