ホームゲートウェイ『PR-500KI』の内蔵ルーターを完全無効化

ひかり電話にも対応するVoIPアダプタを内蔵したヤマハ製ルータ『NVR510』の導入により、月々300円(だっけか?)で貸与されてる不安定なホームゲートウェイ(以下、HGW)『PR-500KI』を嫌々使い続ける必要がなくなったのでこれを返却しONU単体の機器に交換してもらうことにしました。

手続きにあたっては「ひかりプロビジョニングセンター」の案内がデタラメで相当イライラさせられましたが、結論としては「ONU単体機器への交換は行っていない。貸出中のHGWに内蔵されたONUを利用してくれ。」とのこと。月々のレンタル費用については無線LANカード『SC-40NE「2」』のみ送り返せば以後不要となる模様です。

今後はUNIポートを介して自前のルータを繋いでHGW側はONU部のみ使い続けることになりますが、使われなくなった内蔵ルータ部が無駄に待機電力を消費し続けるのが気になるところ。延々と点滅も続けるLEDも非常に目障りなので、HGWを分解してルータ部だけを物理的に無効化することにしました。(良い子は真似しないように…)

ルーター部への無駄な電力供給をカット

まずはPR-500KIを殻割り。

右側面にある2箇所のネジを外せば反対側の外装がフリーになるので、これを前方にスライドさせて内部にアクセスします。真っ先に目に飛びこんでくる回路基板がルータ(+VoIPアダプタ)部で、ONUはさらにケースで覆われた本体下部に位置しています。

PR-500KI 基板 分解 - ホームゲートウェイ『PR-500KI』の内蔵ルーターを完全無効化

一見して判るようにルータとONUは完全に独立しており、通信及び電源供給用の2本のケーブルで繋がっているだけというシンプルな実装。このため、ケーブルを抜いておきさえすればONUの動作に影響を与えることなくルータ部だけを完全に殺せます。

PR-500KI 基板 分解 ルータ無効化 - ホームゲートウェイ『PR-500KI』の内蔵ルーターを完全無効化

1ヶ月に70~80円前後の電気代の節約になりますし、なによりエコ。

発熱も大きく低減され縦置きにこだわる必要もなくなった(自己責任)ので、それを前提にルータ等を置いているキャビネット内を整理。近所のセリアで見かけたA4サイズのパンチングボードで棚を自作するなどしてスマートな収納に成功!!

PR-500KI NVR510 - ホームゲートウェイ『PR-500KI』の内蔵ルーターを完全無効化

裏側は各機器を繋ぐケーブルやACアダプタ類がごちゃごちゃして若干見苦しい感は否めませんが、普段は見えないところなのでまぁいっか。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。