エアコンの空気清浄フィルターと除菌フィルターを交換

9月に入って朝晩はエアコン無しでも過ごせる程度に涼しくなってきたので、このタイミングでリビングと寝室の室内ユニットのお手入れを実施。

どちらもパナソニックの「おそうじロボット」搭載モデルということもあり3年ほどノーメンテだった割にエアフィルターはじゅうぶん綺麗でしたが、ルーバーを開いて送風口を覗き込むと黒カビさんが…(汗)。こちらもアルコール除菌シート等で徹底クリーニングしておきました。カビ菌の抑制効果を謳うナノイー搭載機といえど、やはり定期的なお手入れは欠かせませんね。

なお、寝室に設置している『CS-SX289A』については購入からもうすぐ8年を迎えるこのタイミングで消耗パーツである『空気清浄フィルター(CZ-SAF9)』と『除菌フィルター(CZ-SAF10)』を交換。


空気清浄フィルター(CZ-SAF9)と除菌フィルター(CZ-SAF10) - エアコンの空気清浄フィルターと除菌フィルターを交換

一応10年の寿命が謳われているのでもうちょっと使えなくもないでしょうが、早目の交換で気持ちよく冬の暖房シーズンを迎えようと思います。(同エアコンには『脱臭フィルター(CZ-SAD11A)』も装着されていますが、空気清浄機も併用しておりあまり必要性を感じていないのでこちらはもうしばらく経ってから替えることにします。)

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。