D300Sの後ピン調整

新レンズ『AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR』の購入でもうひと頑張りを期待している『Nikon D300S』ですが、最近撮影したものを現像すべくモニター表示したところ軒並みピントがあっていないことに気がつきました。

カメラ背面の小さな液晶画面では気が付かなかったのですが、パソコン上で見ると思いっきり後ピン。絞って撮影した分は見れなくもないですが、開放で撮った分は被写体の輪郭がボケボケで使い物にならず…。なんてこったい!

先日ドナドナしたレンズ『AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR』が原因かと思いましたが、『Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II』で撮影した画像にも同様の症状が見られることからD300S側の問題と判断。画像を遡っていくとラバーグリップ交換とフィルタ清掃のため10月後半にピックアップサービスでニコンへ修理に出した後から症状が出ていたようで…配送時の衝撃でおかしくなったんかなぁ(涙)。

D300Sでは本体設定で「AF微調整」が可能なのでこれで対応出来ないものかと頑張ってみたのですが、テレ端とワイド端でズレの度合いが違っていて一律の設定ではカバー出来そうになかったので再度メーカー送り決定。返送時の取扱いには十分注意してもらうよう特記したうえでピックアップサービスに再送。

続きを読む

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 用に保護フィルター購入

Nikon ニュートラルカラーフィルターNC 72mm NC-72先日手に入れたニコンの標準ズームレンズ『AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR』用に純正の保護フィルター『Nikon ニュートラルカラーフィルター NC 72mm』を購入。

画質を語る上では保護フィルターなんて忌むべき存在でしかないので一時は利用を控えていましたが、小さい子供を抱えているとちょっと目を話した隙にレンズを指紋でベタベタにされるなんてことが日常茶飯事ですし、3年前には北アルプスの五竜岳山頂直下で尖った岩に派手にレンズをぶつけてしまった(その時はたまたま付けっぱなしにしていたPLフィルタが身を挺して前玉を守った)ことなどもあるので修理代が高くつきそうなレンズに限っては常用するようにしています。

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 用に保護フィルター購入

そりゃ、保護フィルターを付けているといかにも初心者っぽくて気恥ずかしく感じる事もありますが恵まれたシチュエーションで撮影することなんて稀なので致し方ないものと割り切ってます。

折角のナノクリ効果を台無しにしかねないのでここぞという場面では外しますが、16-80に置いても基本は付けっぱの予定です。

ナノクリ採用標準ズーム『AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR』を購入

Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRNikon D300S』と同時購入し6年近く使い込んできた標準ズームレンズ『AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR』の不調を受け、この機にFXに移行するか?もうしばらくDXのまま行くか?で悩んでいましたが自分が撮影する被写体やロケーションを考えると機動性が良く画角の稼げるDXフォーマットの方がより多くのメリットを享受出来るんだろうな…という結論に至りました。

そうと決まれば気が変わる前に行動あるのみ。問題の16-85をドナドナし、これに代えてDX専用としては初のナノクリ採用レンズ『AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR』を購入してきました!!

ナノクリ採用標準ズーム AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR を購入

ナノクリ且つF2.8始まりというスペックに加え発売開始から1年半ほどと日が浅いこともあり10万円超のなかなか大人っぽいお値段でしたが、16-85が思ったより高く買い取ってもらえたこととキャッシュバックのおかげで長期保証付きながら実質7万円弱で入手することが出来ました。

続きを読む

FXに移行すべきか?DXのまま行くべきか?

Nikon D300S』用とともに2011年に購入した標準ズームレンズ『AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR』の調子がこのところ宜しくありません。

いつ頃からかオートフォーカスの駆動音が騒がしくなり合焦した瞬間に伝わる衝撃も激しくなっていたので気にはなっていたのですが、最近ピントのズレや露出異常なデータの発生が顕著に…。6年近く酷使してきたレンズなので超音波モーターの寿命が原因であろうことは容易に想像出来ますが、修理にもそれなりの費用がかかるので新レンズへの買い替えも含め対応を検討中です。

しかし、悩ましいのがフォーマットの問題。DXフォーマットのD300S用に標準ズームを買うのであれば1.5倍の画角を考慮してラインナップされた16mmや18mm始まりのDX専用レンズを選ぶのが定石ですが、将来FXフォーマットへの移行を見越しているのであればDXへのこれ以上の投資は避けたいところ。かといって、FX用の標準ズームを買ってDXフォーマットのカメラで使うとなると広角側をカバー出来ず中途半端な状態になるのは必至。

続きを読む

冬の乾燥対策に加湿空気清浄機を追加導入

Panasonic 加湿空気清浄機 空気清浄25畳 ホワイト F-VXL5511月も終盤を迎え九州もようやく冬らしくなり暖房器具の出番が急増。

我が家ではもっぱらエアコンを利用しているのですが、どうしても空気が乾燥しがちでリビングの湿度が冬場に40%を超えることは稀。若い頃はこの程度どうってことなかったと記憶してますが最近は肌荒れや乾燥肌による痒みが気になりますし、空気が乾燥するとハウスダストも舞いやすいらしくアレルギー性鼻炎持ち(わたしと子供)にとっても思わしくないようなのでこれらを改善すべくリビングにも加湿空気清浄機を導入することにしました。

寝室では出産祝いで貰ったパナソニックの加湿空気清浄機『F-VXF35』が既に一台稼働中ですが、これと同程度のパワーでは明らかに役不足なのでもう少し対応畳数に余裕のあるものを…ということでパナソニックの『F-VXL55』を購入。

161130_f-vxl55 冬の乾燥対策に加湿空気清浄機を追加導入

F-VXL55は昨年リリースされた旧モデルということもあり、ほぼスペックの変わらない新モデル『F-VXM55』より随分と手頃な価格で入手することが出来てタイミングもバッチリでした。

続きを読む

Huluが既存デバイスへの対応を大挙打ち切り

動画配信サービスの「Hulu」が来年2月に予定されているリニューアルに伴い、コンテンツ保護の観点からテレビやBlu-ray Discプレーヤー、ゲーム機といった幅広い既存デバイスへの対応を打ち切ることを発表しました。

hulu Huluが既存デバイスへの対応を大挙打ち切り

打ち切り対象にはWiiなどの広く普及しているプラットフォームや2011年前後の地デジ特需期に販売されたテレビが含まれていることから影響が多岐に渡ることが予想されます。現在これらの機器ででHuluを視聴されている方は新たな再生可能機器を用意する必要に迫られることになります。まぁ、どうせ買い換えるのであればプライム・ビデオやNETFLIXなど別の動画配信サービスに乗り換えてしまう方が良いのかも。

続きを読む

1 2 3 4 5 52