『Nikon D70』の熱かぶり

銀塩時代は「失敗したらフィルムが勿体ないっ!」という思いからまともにトライしたことのなかった長時間露光による夜空の撮影ですが、デジタルカメラへの移行に伴い失敗を恐れる必要がなくなったことから積極的に挑戦するようになりました。

マニュアルモードに切り替えて絞りを開放、シャッター時間はレリーズで調整したいところですが愛用の『Nikon D70』はレリーズが使えないのでリモコンを使って操作。何度も失敗を繰り返しながらようやく納得の一枚が撮れたのですが、目を凝らして液晶画面で確認すると画像の端に何やら赤いモヤモヤが。最初は「液晶の調子が悪いんだろう」くらいにしか思っていなかったのですが、自宅の大きなモニターで確認してもくっきりとモヤが…。

「フレッツADSL モアスペシャル」申込み

NTT西日本がサービスを開始した「フレッツADSL モアスペシャル」を申し込みました。

自宅がサービス提供エリアに入るのは年末頃の予定なので利用できるのは4ヶ月近く先になりますが、申込受付中の案内を見て思わず…。

モアスペシャルの回線速度は下り最大47Mbps。ADSLは速度の減退が激しいのでどの程度出るかは回線をひいてみないことには分かりませんが、少なくとも今より遅くなることはないだろうと期待してしまいます。

追記 (2004/11/27)

現在の我が家ではインターネット回線としてNTT西日本の「フレッツADSL モア」を利用しているのですが、線路情報開示システムによると自宅から収容局までの線路距離は2,250mで伝送損失は48dB…。快適なADSL環境というには程遠く、フレッツスクウェアによる回線速度計測でも最高4.8Mbps程度しか出ません。

地域によっては1Mbpsにも達しない場合もあるようなのでそうした方々に比べれば十分恵まれているのですが、一度快適な環境を知ってしまうと更に上を求めたくなるのが人の性(サガ)というもの。そこでこの夏に登場したADSLの最上位規格「フレッツADSL モアスペシャル」を受付開始直後に申しこんでおいたのですが、わたしの住むエリアでもようやくサービスが始まることになりさきほど案内のメールが届いていました。