D70およびD2Hに不具合。無償修理を実施予定。

26日、ニコンはデジタル一眼レフカメラ『D70』および『D2H』の電子部品に起因する不具合を公表しました。保障期間の内外に関わらず無償修理を受け付けるそうです。

D70では、CF挿入時にCFアクセスランプが点滅したまま操作不能になる、またはCF未挿入時にバッテリー残量が十分あるのに電源ONにしてもカメラが起動しない、という現象が発生する可能性があるとのこと。なお、D70の後継機D70Sは不具合の対象外。

私の使用しているD70でこのような現象を確認したことはありませんが、はやめにサポートセンターに持っていってみようと思います。

Nikon『D100』の生産終了

2002年6月に発売開始となったハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ『Nikon D100』の生産が終了となりました。

100万円超えが当たり前だったプロ向けのデジタル一丸レフ市場に30万円前後という価格で登場しその後の急速なデジタル化への潮流を作った同機種でしたが、噂されているD200の登場が近いせいかこのタイミングでその役目を終えることとなったようです。

とはいえ高い堅守性と独特の画質には定評があるため、どうしても欲しいという方は今のうちに入手しておくことをオススメします。